「真田丸 第8話 「調略」」 高坂弾正が泣いている

大河ドラマ 「真田丸」第8話感想。 北条軍の侵攻でオタオタ慌てまくりの家康。爪をいちいち噛んでる辺り芸が細かい。実際の所、現時点では北条のほうが大勢力だが徳川のほうが勢いがあったはず。武田旧臣を親切に扱っていたので信長横死以降、武田旧領の吸収がスムーズに進んだのだ。 北条氏政の汁かけ飯が再び登場。「食べる分だけ汁をかける。少しずつ少しずつ」とわざわざ解説(笑)。この食…

続きを読む