「真田丸 第22話 「裁定」」感想 沼田裁定

秀吉立ち会いのもと真田名代信繁、北条名代板部岡江雪斎、徳川名代本多正信三者による沼田領帰属裁定会議が始まった。 信繁も板部岡も己の主張を強力に言い立てて双方一歩も引かない。 しかし会議が進むにつれ板部岡が「大国の論理」を振りかざし信繁側は旗色が悪くなってくる。 結局のところ沼田領の争いは徳川が真田・北条双方に二枚舌的約定をしたことに端を発しており、徳川の意向を汲むべきと秀吉…

続きを読む