「真田丸 第24話 「滅亡」」感想 北条滅亡・伊達政宗との出会い

大河ドラマ 「真田丸」第24話感想。 氏政に引き合わされた信繁だが、氏政はやはり非友好的。 真田とは散々揉めた間柄故「よくも抜け抜けと姿を現せたな」とごもっともな発言。危うく氏政に殺されそうになるが「自分は真田の倅ではなく豊臣の使者」という言葉で冷静さが戻ったか、交渉に応じる。 信繁から北条の支城はほぼ落ち伊達政宗も降伏したと聞かされ氏政は絶望、抗戦一方だった心境に変化…

続きを読む