「真田丸 第33話 「動乱」」感想 一触即発

大河ドラマ 「真田丸」第33話感想。 武力による家康排除を決めた三成は秀家、秀秋に襲撃計画を打ち明ける。 実行部隊は三成の手勢のみで行い、決行は今夜。急ぎ過ぎだ。 島左近がようやく登場。いかにも武辺者っぽくてイメージぴったり。 今回は顔見世程度で三成との絡みもないけど。 おいらはテレビドラマ「関ヶ原」の三船敏郎の左近が一番好きだ。 信繁は石田屋敷で板部岡江雪斎…

続きを読む