「真田丸 第36話 「勝負」」感想 天下分け目

大河ドラマ 「真田丸」第36話感想。 西軍挙兵の知らせを聞いた家康は動揺、久しぶりに爪をカミカミ。 三成や秀家の決起は予想していたはずなので違和感のある描写だな。 徳川方についた信幸を家康・忠勝は歓迎。秀忠は大不満、疑惑の目を向ける。 大阪から帰還した信幸正室「いな」及び側室「こう」は夫が徳川方についた事を知ると昌幸に絶縁を宣言。城代として昌幸・信繁親子を追い…

続きを読む