「真田丸 第37話 「信之」」感想 九度山配流

大河ドラマ 「真田丸」第37話感想。 西軍大敗後も徹底抗戦の構えを崩さなかった昌幸だが、徳川による大阪城占領・三成捕縛の報告が届き信繁は父に降伏するよう説得。信幸の調停工作に望みを託す。 真田は信幸・秀忠ルートを通じて徳川に降伏を申し入れるが戦後処理に忙しい家康は「真田親子の処分は後回し」と投槍な態度。 上田城攻めの不始末に関して秀忠が家康に弁明する描写がちょっとだ…

続きを読む