「真田丸 第38話 「昌幸」」感想 昌幸死す

大河ドラマ 「真田丸」第38話感想。 真田親子の九度山生活が始まった。 昌幸はすっかり気落ちしており、実務担当は信繁の役目である。 信繁は村長のロッキー刑事、じゃなかった長兵衛(木之元亮)に挨拶に出向くが村の衆は 「さっさと出ていくか死んでくれ」 と無礼千万な受答え。不歓迎ムード全開。 木之元亮はちょっと横幅が広がってバリトンボイスもしゃがれているけど髭面…

続きを読む