「真田丸 第39話 「歳月」」感想 真田紐

父の菩提を弔うため信之が九度山へやってきた。 昌幸の死を悼むと同時に久しぶりの再会を喜ぶ信繁と信之。 信繁は父の残した兵法書を兄に見せる。これは貴重だと喜ぶ信之だが書の内容はわけの分からない記号の羅列であった。 「全部こんな感じか」 「全部こんな感じです」 本作得意の脱力系ギャグでござる。 信之は弟に赦免の努力を続けると告げる。 信繁は九度山の暮らしも悪くな…

続きを読む