「真田丸 第40話 「幸村」」感想 幸村誕生

信繁は明石掃部の参陣勧誘に難色を示すが掃部は信繁をある人物に引き合わせる。 信繁の前に現れたのはかっての同僚片桐且元であった。 世相にすっかり疎くなっている信繁に且元は事情を打ち明ける。 今回は大阪の陣の発端になった「方広寺鐘銘事件」を詳しく解説している。 問題になった「国家安康君臣豊楽」の一文は豊臣潰しのための悪質な言いがかりとされているが(歴史小説でもそう扱われる…

続きを読む