「真田丸 第46話 「砲弾」」感想 団右衛門の夜討ち

大河ドラマ 「真田丸」第46話感想。 真田丸攻撃失敗に苛立つ家康は、例によって悪知恵で状況を打開しようと策を巡らせる。 信繁は勝ちを急ぐ秀頼を諌める。 常高院(初)は姉の茶々の身を案じ信繁に姉を守ってくれと頼む。 本作の初は善良な人柄みたいだな。彼女は戦国きってのやり手の女性で評価が別れる人物だが。 茶々・初と江(浅井三姉妹の末妹で秀忠夫人)との関わりは描かれて…

続きを読む