「真田丸 第6話 「迷走」」 昌幸立つ!





大河ドラマ 「真田丸」第6話感想。

真田郷を目指して逃避行を続ける信繁一行だが途中で姉のまつが脱落。崖から海に落ちて死亡。悲しむ間もなく兵に取り囲まれてしまう。信繁達が出くわした軍勢は信州から撤退中の織田家重臣、森長可(谷田歩)の軍であった。信繁は森長可の護衛にあたっていた出浦のとりなしで事なきを得る。
短時間ながら戦国一の荒くれ者として名高い森長可が登場。信濃からの撤退戦では国人衆の人質達を皆殺しにするなど無茶苦茶をやって窮地をしのいでいる。同僚の河尻秀隆は脱出できず土民に殺されてしまうし滝川一益は撤退せずもたついているうちに北条に攻められて惨敗しているので長可は逆境を上手く切り抜けたと言える。信濃の国人衆のほとんどが長可を裏切る中、出浦だけが味方したのは史実と同じ。森長可役の谷田歩という人はドラマ「下町ロケット」で有名な人だそうだ。「戦場のヴァルキュリア2」のPVでナレーションを担当している。語りが渋い。

毎度おなじみ小県郡国人衆会議。昌幸は一益への恭順を続ける腹づもりだったが国衆の意見は北条の配下に入るべきという意見が大勢を占める。室賀は「北条氏直様は信玄公のお孫じゃ。我らが仕えるにふさわしいお方じゃ」と主張。言われてみるとごもっとも。氏直の母、氏政の正室の黄梅院は信玄の娘だ。とはいえ信玄の息子勝頼は家臣連中から見捨てられて滅んだし血筋云々で事を決めるのはヤバイ状況である。

昌幸は信尹を北条に送り不戦協定を結ぶが氏政は協定を守る気はハナから無し。高嶋政伸演じる氏政はイヤーな男に描かれている。氏政は肯定的評価が極めて少ないお方だからやむなしだが、たまには聡明な氏政も見てみたい。

伊賀越えの疲労が抜けない家康、信長公の敵討ちをすべしという忠勝の進言を却下。「明智討伐はそのうち誰かがやってくれるわ」の台詞に爆笑。こんなだらしない覇気のない家康は初めて見たぞ(笑)。史実では敵討ちをするべく軍を進めてたんだけどね。秀吉の対応が早すぎただけで。家康、一益の援軍要請も無視。家康をマッサージしながら家康が望むことしか言わない本多正信はある意味家臣の鏡だな。正信役の近藤正臣はすっかり爺さんに。テレビドラマ「白虎隊」の土方歳三役は格好良かったのだが。あのドラマが放送されてからもう30年も経つのか。

まつの死亡(ホントは生きてるけど)で悲嘆にくれる真田家だが、一益の意向で今度は昌幸の母を人質に差し出すことに。その矢先、光秀が秀吉に討たれたという報告が昌幸に届く。一益に賭けていた昌幸は、またしても読みが外れたことに落胆。

北条軍が一益を潰すため侵攻してくる。昌幸は一益の援軍要請を無視。信繁、信幸に「真田は誰の下にも付かん。この信濃があれば大名たちと対等に渡り合える。奴らを操ってみせる。もう奴らの顔色をうかがうのは御免じゃ」と吠える。国人衆の代表ではなく独立大名として大国に立ち向かうことを宣言するのであった。燃える展開だぁ。手始めに一益を信州から追っ払い、沼田城、岩櫃城を奪回すべく行動開始。面白くなってきたな。



この記事へのコメント