「真田丸 第7話 「奪回」」 昌幸の謀略





大河ドラマ 「真田丸」第7話感想。

真田は滝川からあっさり城を奪回するが人質にされている昌幸の母「とり」が見つからない。昌幸は信繁に母の救出を命じてひきあげる。
信繁は「とり」を発見、奪回を試みるも自己中女「きり」の不始末で滝川軍に捕らえられてしまう。
人質救出作戦の描写はいつもの三谷コントで笑えんなー。さらに「きり」の性悪ぶりにイライラ。温厚な信繁も「きり」には怒っておる。

一益は国人衆の人質たちを連れて伊勢に帰還しようとするが木曽義昌(石井愃一)に行く手を阻まれてしまう。織田に寝返ったはずの義昌の抵抗に一益は困惑するが、義昌の狙いは人質たちであった。義昌は人質を使って信濃を我が物にしようと企む。一益は人質を引き渡して信濃を離脱する。しかし清須会議にはまにあわず。
今度は義昌の人質にされた信繁は手も足も出ない状況だが「とり」と義昌は旧知で、義昌は子供の頃から「とり」に頭が上がらない間柄であった。「とり」に説教された義昌は「人質を丁重に扱う、信繁と「きり」は開放する」事を承知する。
武田三大逆臣の一人木曽義昌が初登場。穴山や小山田とは違いコイツの離反は仕方なかったように思えるけど。織田と領地が隣接している木曽は早くから直接織田の圧迫を受けており適切な対応もせず、やたらと賦役を押し付けた勝頼にも非がある。離反の際には武田の人質になっていた母と子供を殺されるという悲劇に見舞われている。

信濃の国人衆たちが北条につく中、昌幸は上杉景勝に面会し上杉に味方することを宣言。しかし上杉寄りの態度は昌幸の謀略であった。
昌幸は信繁を海津城に派遣、上杉家家臣・春日信達を調略して北条に寝返らせることを命じる。上杉への打撃を手土産に真田を北条に高く売りつけようとする昌幸の策略は果たして成功するか?
春日信達は高坂弾正の息子で、弾正の後を継いで海津城の城主になった人。この人は森長可の撤退の際に人質になっていた息子を殺されている。長可撤退後は上杉についてたんだよね。



この記事へのコメント