「真田丸 第8話 「調略」」 高坂弾正が泣いている





大河ドラマ 「真田丸」第8話感想。

北条軍の侵攻でオタオタ慌てまくりの家康。爪をいちいち噛んでる辺り芸が細かい。実際の所、現時点では北条のほうが大勢力だが徳川のほうが勢いがあったはず。武田旧臣を親切に扱っていたので信長横死以降、武田旧領の吸収がスムーズに進んだのだ。

北条氏政の汁かけ飯が再び登場。「食べる分だけ汁をかける。少しずつ少しずつ」とわざわざ解説(笑)。この食い方を父御の氏康は嫌ってたのだが。

上杉方の海津城に派遣された信尹と信繁は春日信達の調略を開始。真田を扱った作品で昌幸の弟信尹がクローズアップされるのは珍しいかも。後の「旗本真田家」の開祖。豊臣方の信繁を徳川方に引き抜こうとしたエピソードが有名なお方だナ。
春日信達は武田四名臣高坂弾正の倅。高坂弾正が海津城にいる限り上杉謙信は武田に侵攻出来ないと信玄に言わしめた。信玄の同性愛の恋人でもあったお人で長篠の戦いの時も海津城を守備していたので戦死せずに済んだが武田滅亡の前に病死、海津城は信達が継いで今は上杉についている。
「北条氏直様は信玄公のお孫、武田の旧臣なら北条につくべき」と信達に持ちかける信繁。室賀の言い分と同じだな。

北条の陣に遅参した昌幸を氏直は冷たくあしらう。本作の氏直はヒステリックで傲慢で嫌な奴。一般のイメージは氏政の言いなりで主体性のない人物だと思うが。土産に春日信達を引き抜いたという昌幸の言葉にも冷淡な反応だが氏政は大げさに喜んで見せる。倅よりは世慣れてるな。昌幸の求めに応じて信達への安堵状も喜んで発行する。

昌幸の北条参陣を聞き景勝は激怒。信尹と信繁の立場は微妙なものに。しかし信達の調略に成功。信尹から北条の安堵状を喜んで受け取る信達だが、信尹に斬られてしまう。信達の調略工作は最初から昌幸の謀略であった。信尹は景勝に安堵状を見せ、謀反を防ぐために処分したと報告。信達の遺体は桀にされる。謀略は上手くいき直情な景勝はまんまと引っ掛けられたが直江兼続はカラクリを疑ってる辺り緻密な展開。策が露見する前に信尹は信繁を信濃に帰還させる。
本気で信達を調略するつもりだった信繁は父と叔父の冷酷さに戦慄するのであった。

信達の処刑、徳川の甲斐侵攻、上杉の反撃準備の報告(昌幸の計略による虚報)で北条軍は信濃から撤退。昌幸の謀略は上杉・北条・徳川の三大勢力を信濃から追い払い「信州大名 真田氏」がその第一歩を踏み出したのであった。近隣の大勢力を計略で弱体化させる痛快な展開は「毛利元就」でよく出ていたが本作もなかなか良いぞ。三谷脚本をちょっと見なおした。



この記事へのコメント