「真田丸 第10話 「妙手」」 信繁の謀略





大河ドラマ 「真田丸」第10話感想。

昌幸の名代で徳川の背信行為に苦情を申し立てる信尹。家康と正信はそんな信尹を切れ者として高く評価。

「わしの家臣に出来ぬかな」
「安房守がやすやすと手放すとは思えませんな」

信尹は真田本家とは別に「旗本真田家」を興して幕末まで続いているので後の展開の伏線だな。
史実ではこの時期にはすでに家康に使えていたようだが。兄の昌幸とは別行動を取りつつ本家に協力していたという見方もあるので、色々話が広がりそう。

信繁、信幸たち真田兄弟が家康と対面。上杉に対抗するため城の築城を上申。徳川の力で上田城を作らせようという虫の良い考えだが家康はこれを了承。どんな結果になるかとも知らずに。真田領である沼田を北条へ引き渡す家康の要求に信幸は難色を示す。
信幸が家康・忠勝と初めて対面。後に深い関わりを持つことになる三人である。どーでもよい事だが信幸役の大泉洋は歯並びが悪いな。今時の芸能人では珍しい。

家康は真田をなだめようと酒を酌み交わして友好ムードを演出。木曽義昌から譲り受けていた信繁・信幸の祖母、昌幸・信尹の母「とり」を気前よく返還する。昌幸の母がいたかどうかはともかく義昌の徳川への人質引き渡しは事実だそうだ。なかなか凝った脚本ですな。

昌幸は沼田領引き渡し問題に苦慮。当面の問題は沼田城を預かる矢沢頼綱(昌幸の叔父)の猛反対。頼綱は城の明け渡しを求める北条の使者を斬り殺してしまう。無茶苦茶だなぁ。当然北条は激怒、沼田城に攻め寄せるが頼綱は善戦。

上田城建築現場で高梨と碁を打つ昌幸。「徳川との盟約があるので頼綱に援軍は出せない」と昌幸は言う。
北条と直接戦えない昌幸は信繁に策を用いて事態を打開するよう命じる。
一度裏切った上杉の元へ斬死覚悟で乗り込む信繁。信繁の捨て身の要請に景勝も心を動かされ兼続の反対を押し切って協力に応じる。
信繁の策は上杉に攻めかかった真田が惨敗した「ふりをする」芝居を演じるというものであった。この策が当たって上杉の侵攻を恐れた北条は撤退、真田は危機を乗り越えたのだった。

しかし昌幸の力を恐れた家康は真田の切り捨てを決定。室賀を使って信濃国人衆の切り崩しを目論む。

重臣筆頭の矢沢頼綱があんな無茶をやるとは思えんな。頼綱の単独行動で昌幸は動けないという理由づけか。信繁の謀略で事態が好転する展開は良し。裏切り者の真田に上杉が応じるのは御都合主義に思えるが史実でも許しているので問題なし(笑)。



この記事へのコメント

  • 桓武

    はじめまして。
    矢澤頼綱が北条の使者を殺したのは事実ですよ。
    それどころか3人も使者を殺しています。
    2016年03月14日 21:11
  • センチネル

    コメントありがとうございます。
    おおっ、事実でしたか。使者を斬る事は当時の常識では余りやらないと思っていたので。
    御指摘ありがとうございました。
    2016年03月16日 02:06