「真田丸 第11話 「祝言」」 室賀無残





大河ドラマ 「真田丸」第11話感想。

家康は室賀に昌幸の背信行為を暴露、昌幸を暗殺するよう唆す。信尹は室賀と家康の接触を察知し昌幸に報告したため両者の緊張が高まる。
室賀の反応は家康の言に懐疑的。昌幸には何時も反抗的だった室賀だが、本心では昌幸の能力を高く評価し信頼していたことがわかる。家康の調略にホイホイ乗ると思ってたので意外。ま、いくら単細胞でも離間策の疑いぐらい普通はもつわな。
しかし近藤正臣の正信は悪い顔をしてるのう。

信繁は堀田作兵衛の妹「梅」との結婚を決める。信繁は「側室として迎えることになるが梅以外の嫁は持たないので正室と同じだ」と梅に告げる。
昌幸と信幸は信繁の嫁取りを祝福するが都から嫁いできた公家出身の信繁の母は猛反対。ついでに信繁の幼馴染の性悪女「きり」は嫉妬で荒れ狂う。口先だけ祝いの言葉を信繁にかける「きり」だが信繁は「おまえに喜んでもらえると一番嬉しいな」と無邪気に追い打ち攻撃。
ざまあみやがれクソ女め。
実際の信繁は温厚でおとなしい性格に似合わない女好きの子沢山だったのだが。後にこの性悪とも結婚する事になっている(ハズ)。
信繁の母が公家出身という言葉はちょいと気になった。本作では昌幸の正室山手殿は菊亭大納言の娘、もしくは養女説をとっているようだ。当時の真田の格を考えると公家出身説は微妙らしい。南原幹雄の小説「謀将真田昌幸」では宇多頼忠の娘説をとっていて石田三成とは相婿の設定。自分は本書を愛読してるので宇多説が標準。ドラマとの差異に少し違和感あり。

室賀は正信に「昌幸は幼馴染。殺せない」とつっぱねるが、とうとう徳川の圧力に屈してしまう。
室賀の去就が読めない昌幸は信繁の祝言を利用して室賀の本心を確かめようとする。祝言の席で室賀を囲碁の対局に誘う昌幸。昌幸の囲碁好きの設定は本作でも健在ですな。
結局室賀は叛意を抑えられず昌幸に斬りかかり、信幸、出浦、高梨の返り討ちでメッタ斬りに。さらにあの性悪女がまたまた修羅場にしゃしゃり出て事態を悪化させる。こっそり事を処理しようとしてたのに、わざわざめでたい席から信繁を惨劇の現場に引っ張ってくる無神経。信繁は真実を知り大いに傷つき涙するのであった。

室賀の退場は悲劇的な筋立てで終了。性根は良い男だったので気の毒だった。

来週は上田城合戦前夜・信繁人質編になる模様。



この記事へのコメント