「真田丸 第12話 「人質」」 信繁人質





大河ドラマ 「真田丸」第12話感想。

昌幸暗殺失敗を知った家康は沼田を北条へ引き渡すため真田征伐を決定。
真田が徳川を迎え撃つには上杉の後ろ盾がどうしても必要だが、一度配下について裏切っているので交渉は難しい。昌幸は人質兼交渉役として信繁を上杉に派遣する。

信繁の人柄を知っている景勝は友好的に接するが上杉家宰相直江兼続の対応は冷淡。交渉を進めるには兼続を動かさなければならない。
兼続は昌幸に「沼田領を引き渡せ」と無理難題をふっかける。

人質生活を送る信繁は景勝が領民の訴えを直接聞く姿を見て大いに感銘を受けるが、本当のところは只聞くだけで何もしていないことを知る。上杉家の家臣によると景勝は「格好をつけて出来もしない約束ばかりする」困ったお方らしい。
景勝は助力を求められるとすぐに応じたくなる性分だが戦乱で荒れた今の上杉には全ての領民たちを救うだけの力がない。信繁は景勝のそんな姿を見てかえって親しみを覚える。
素朴な気性の景勝がよろしいですな。景勝の「兼続に沼田の件を取りなしてやる」という信繁との約束も例によって口先だけで、信繁に責められてオロつくのが愉快。

景勝とともに領地見分に出た信繁は領民たちが争いの末、焼けた鉄を掴むことにより訴訟を決する「鉄火起請」を行おうとしているのを見つけ止めに入る。信繁は鉄火起請を止めさせるため、自ら奉行相手に鉄火起請を行って勇気を示そうとする。負けた方は死罪になるこの裁きを恐れた奉行は鉄火起請を放棄、景勝の仲裁で事なきを得る。
まるで男塾名物の如き蛮行だが古代からこのような裁きは行われていたので洒落にならん。

信繁に心を動かされた景勝は今後は真摯に民と向き合うことを決意、兼続は信繁に「おかげでわしの仕事が増えた」とぼやく。景勝の意向で兼続も真田を許し同盟が復活。徳川との盟約を破棄した真田は徳川迎撃に備えるのであった。

今回は景勝当番回。陰惨な展開が続いたので今度は人情話で変化をつけたか。景勝以上に兼続が目立っていたような。
真田と上杉の再同盟は無茶なようだが戦国の世ではよくある事。あの信長ですら裏切り者を何度も許しているし。
次回は第一次上田城合戦。キーパーソンの石川数正は第2話に出てたけど、もっと出番を多くしたほうが良かったと思う。



この記事へのコメント