「風神の門」その1 霧隠才蔵、見参!

風神の門 01.jpg





アタシの最も好きなテレビドラマのひとつ「風神の門」をシリーズ企画で御紹介。

最高の面白さを誇るドラマで時代劇で真田幸村を扱った映像作品ではダントツのナンバーワン。幸村は主人公ではないけど竹脇無我の演じる幸村が超絶素晴らしいのであります。主人公である三浦浩一の霧隠才蔵も最高に魅力的なり。

1980年NHK製作。全23話。

大坂の陣間近の時期、豊臣方と徳川方の諜報機関の暗闘に巻き込まれていく才蔵の戦いを描いた本作、正直な所予算が少ないのが明白で映像はかなり安っぽい。ビデオ撮りだしセットはショボいしロケ撮影は映像の質感が全然違ってたりする。せめてフィルム撮りなら良かったのだがNHK製作だしね。マスターが残っていただけでもラッキーだ。

しかし本作の俳優陣と脚本は凡百のドラマなど足元にも寄れない物凄さ。脚本は金子成人。大河ドラマ「真田太平記」の脚本家だ。本作の脚本は「人の関わりあいの暖かさ」が溢れているのが良い。一部の悪党以外、皆関わる人達への敬意と思いやりがある。立場や身分を超えて繋がりあう登場人物たちの姿は感動的でもある。
そんな人たちも大坂の陣で次々と散っていくのが何ともやるせない。そして意外な結末は後味がとても爽やか。
原作は司馬遼太郎だがドラマ版は内容が全然違うそうだ。自分はまだ未読なり。

主要登場人物は忍者が三人(内一人が敵役)、ヒロインが三人、敵の元締めが二人、そして真田幸村。

当時新人だった三浦浩一が抜擢されて主役に。豪放磊落な才蔵を熱演。陽気で強くて女に優しい頼れる奴だ。前田慶次とかルパン三世とかコブラさんとか、そっちの系統の御仁だな。
徳川方忍者の指揮官で才蔵の宿敵獅子王院になンと磯部勉。当然かもしれんが若い頃から変わらぬあの美声である。
猿飛佐助は「建物探訪」の渡辺篤史。広く知られているヒーロー然の佐助とは違った味わいのキャラクターが魅力。

正ヒロインのお国に小野みゆき。いじらしい人柄です。
公家の姫さま青子に樋口可南子。すっごい綺麗で驚く。糸井重里の奥さんだそうだ。
豊臣方の諜報機関のリーダー隠岐殿役に多岐川裕美。凛々しいお姿。大野治長の妹という設定。ちなみに治長役は伊丹十三。サイテー男の役が笑っちゃうぐらいよく似合う。

徳川方諜報機関のボスである峻岳(鳥居忠政)に名優・佐藤慶。敵ながら徳高き人格者であるぞ。
京都所司代板倉勝重にムスカ大佐こと寺田農。徳川の暗黒面を一身に背負った極悪人。ムスカがそのまま実写に出てると思ってくれて差し支えない。史実の勝重は清廉な人だったそうでトンだ風評被害だな。

真田幸村に竹脇無我。ハンサムで穏やかで上品で最高の幸村様でござる。低姿勢なお方で才蔵に敬語で話すのが新鮮。幸村が好きな全ての方に本作の竹脇幸村を見て頂きたい。アタクシ同様にその格好良さに悶絶して欲しいですな。

キャラと俳優に関しては別項で詳しく書く予定。

主題歌は驚くなかれ、なンとクリスタルキング。「愛をとりもどせ!!」以上のインパクト。ひたすら才蔵が走る、泥まみれになっても走るオープニング映像にかぶさる主題歌「時間差」。このOPだけでこのドラマが尋常なシロモノでないとわかる強烈さ。
歌詞も「見せかけの友情よりも 本当の別れを選んだ俺は 今、笑ってやろう」という中二病臭い内容。最初はそのキテレツさに戸惑うが、本作を最後まで見た頃には魂の髄まで染み込んでしまう罪な曲である。この曲は何故か一度もレコード化、CD化されたことがないそうだ。
作曲は本作のサントラも手がけている池辺晋一郎。「未来少年コナン」のサントラを手がけた人だ。

声優さんが結構出てるのが声オタ的に嬉しい点。大塚周夫、宮内幸平、島津冴子(声のみ)他、岡本茉利はレギュラー出演で出番多し。ヤッターマン2号ファン必見。

ストーリー前半はヌルくて呑気な展開が続く。中盤、才蔵と幸村が手を組んだ辺りからハードな展開に。忍者軍団のガチバトル・第10話「大殺陣」と映画「ジャッカルの日」のまんまパク…じゃなかったオマージュ第11話「家康狙撃」は大傑作。後半の大坂の陣の展開は世に知られている通りでとても悲しい。

次回、ストーリー解説&感想編に続きます。


風神の門 02.jpg

「俺は今日から~孤独な旅人 振り向く余裕も失くしたふりをする~」


風神の門 03.jpg

霧隠才蔵(三浦浩一) うーん、カッコいいなぁ

風神の門 03_yukimura.jpg

真田幸村(竹脇無我) 淡麗なお姿。幸村様…


風神の門 04.jpg

獅子王院(磯部勉) 忍者のくせに白塗り顔。目立つやろ


風神の門 05.jpg

猿飛佐助(渡辺篤史) 「おはようございます。猿飛佐助です」


風神の門 06.jpg

お国(小野みゆき) 耐える女


風神の門 07.jpg

青子姫(樋口可南子) 可憐だ…。「花のようなお方と思っておりました…」


風神の門 08.jpg

隠岐殿(多岐川裕美) ふつくしい


風神の門 09.jpg

峻岳(佐藤慶) 「才蔵、真田幸村を斬れ」


風神の門 10.jpg

板倉勝重(寺田農) 「人がゴミのようだ」




この記事へのコメント