格安HDプロジェクター「Crenova XPE650」で120インチ投影を試す





【前記事】
格安HDプロジェクター「Crenova XPE650」は凄い!

最強コスパハーフHDプロジェクタXPE650ですっかり大画面の魔力に取り憑かれてしまった筆者。
投影は白壁に80インチサイズで行ったが、120インチならどう映るか気になるのは必然。
100インチスクリーンでも我が家に導入するには色々ハードルがある。何とか手軽に試す方法はないかと考えた末、素晴らしいアイデアが閃いた。

DSCN0225[1].jpg

じゃじゃじゃじゃーん

これがスクリーンだっ。フスマ4枚で120インチ(2.657m)よりやや大きめの横幅がある。

DSCN0226[1].jpg

枠がある、柱がある、表面が凸凹、模様がある、変色している。悪条件重なりまくり。本当にこれで映るんかいな。取り敢えず実験。

DSCN0227[1].jpg

映った!写真は接写画面。

DSCN0228[1].jpg

うぉぉぉぉ。120インチすげー。こりゃ映画館ですな。

DSCN0231[1].jpg

れーるがんのOP。目が慣れると脳内補正が働いて邪魔な柱や枠も気にならなくなる(笑)

DSCN0245[1].jpg

「ルパンVS複製人間」。大好きなこのシーン、プロジェクターで見ると現実感が喪失する。素晴らしい。

DSCN0248[1].jpg

マモー様。もうちょっと光量が欲しいが視聴に問題なし。

DSCN0253[1].jpg

映像のぼやけ具合がフィルムライク。

DSCN0255[1].jpg

XPE650は短焦点機能がないので投射距離が必要。大体4mぐらい。


いやー素晴らしいっす。悪条件でもちゃんと映った。スクリーンならさぞ綺麗なんだろうな。
100インチ 16:9サイズで探した所これが有力候補かな。安いし。

ペーパースクリーンは折目がつくと元に戻らないそうだ。値段もあまり変わらないしね。設置場所の確保、取付の手間、プロジェクターの置場など導入するには問題が山積みだが。

120インチサイズや電動巻き上げ型など上を見るとキリがない。検索していたら面白い製品が見つかった。環境によっては試す価値がありそう。お値段も手頃。

それとXPE650には静止画をスライドショー式で再生する機能があり、試してみたが画質は微妙だった。本機は動画再生特化型のようでPCをプロジェクターで運用するならフルHD機を購入したほうが良いと思う。

プロジェクターの技術進歩と低価格化には驚かされる。昭和の三管式プロジェクターはデカい、重い、高い、画質は暗くてボンヤリだったのが今では映画館並だもんね。宣伝すれば普及率も向上しそうだけど。


ハーフHD廉価プロジェクタ XPE650


フルHD機最安価格帯製品

■追記 XPE650の後継機が登場
・Crenovaの新型HDプロジェクター「RAGU RG-01」レビュー
「QUMI Q8J」 LED光源のフルHDプロジェクターが新発売





この記事へのコメント