「真田丸 第18話 「上洛」」感想 昌幸と秀吉





大河ドラマ 「真田丸」第18話感想。

信幸の懸命な説得にもかかわらず昌幸は秀吉の上洛要請に応じようとしない。久しぶりに登場した直江兼続の進言も効き目なし。
昌幸の意地っ張りもここまで来ると頑迷な愚か者にしか見えない。徳川ですら豊臣に臣従したのに上洛に応じないのは不自然。ココらへんの描写はやはりフィクションかな。
史実では上杉は真田を自分の勢力下の国衆として組み込もうとしていたが昌幸が秀吉と独自に交渉して独立大名として自立したらしい。
昌幸は母親の忠告に従いようやく上洛の意思を固める。
表向き秀吉の臣下にはなっても「豊臣政権も安泰ではない」と出浦に話す昌幸の読みはある意味あたっているな。

信繁は大阪にやってきた昌幸・信幸と久しぶりに再会。
「大阪城を見れば父も豊臣の威勢がわかるだろう」という信繁の予想に反し、昌幸はあの巨城をどう攻めるか信繁に訪ねる。
昌幸の豪胆さを表した良い台詞だ。あの城は後に信繁の人生にも深く関わることになる。

昌幸の宿泊場はボロ寺、土産物の毛皮は三成に徹底的にケチを付けられ、昌幸に拝謁したのは秀吉ではなく甥の秀次であった。
上洛を渋った昌幸への悪感情からくる秀吉の冷たい仕打ちだが昌幸の自業自得とも言えますな。
信幸は蔑ろな扱いに大激怒。昌幸はしょんぼり。しおれている表裏比興の者はちょっと可愛いぞ。
信繁は二人をなだめるが、そこに現れたのが人格者であらせられる大谷刑部様。
「楠木正成の再来と言われる昌幸殿の尊顔を拝したかった」と持ち上げる。これはお世辞じゃないよね。昌幸も少し元気を取り戻す。良い展開だ。

茶々の仲介で秀吉に対面した信繁は父に会ってくれるよう懇願。望みが果たせなければ敵に回るかもと恫喝する。

ようやく秀吉は昌幸と対面。「頼りにしてるぞ」とリップサービス。
昌幸の進物である毛皮を着て登場する辺りさすが人たらしの名人だ。
昌幸は所領安堵を認められるが宿敵徳川の与力になるよう命じられる。

この世の終わりの如き失望感に沈む昌幸だが実際はそれほど悲惨な状況ではなかったはず。独立大名になれたし徳川の影響下に置かれただけで臣下になったわけではないし。日ノ本で二番目の勢力を持つ権力者と誼を結ぶのは悪いことではない。実際のところ徳川重臣との縁組により道が開けたしな。

記憶喪失だった姉は一家集合であっさり記憶回復。このエピソード入れる意味があったのかな。

駿府城で家康と昌幸が御対面。一応家康は腰の低い慇懃な対応をするが昌幸の表情は憂鬱そう。この邂逅は史実通りらしい。実際は上洛前に会ったようだが。

真田を扱った作品では昌幸と秀吉は仲が良い設定が多いけど本作は例外だな。秀吉への好意と義理を考慮して関ヶ原では西軍につく展開が定番だがこのドラマでは純粋に損得勘定で動くのだろうか。



この記事へのコメント