「真田丸 第19話 「恋路」」感想 聚楽第の女





大河ドラマ 「真田丸」第19話感想。

茶々に借りを作ってしまった信繁は秀吉に入室を厳禁されている武器庫での逢瀬に無理やり付き合わされてしまう。
茶々は両親及び義父と弟の無残な末路を信繁に話す。家族を惨死に追いやったのは現在彼女の面倒を見ている豊臣秀吉その人であった。
「人の死を何とも思わない」と言う茶々はやはり精神異常者に見える。
そんな茶々を見る信繁は珍しく険しい表情。
「秀吉の側室になるように言われた」と言われた信繁は困惑ぎみに「断ると不幸になるかも」と答える。

昌幸と信幸は駿府城に滞在中。
信幸は久しぶりに信尹と会う。昌幸は駿府所を見分、城の攻略法を研究する。このおっさんは戦争狂だな。

家康は忠勝の娘「いな」を自分の養女にした上で信幸と縁組させる事を決める。
すでに正室がいる信幸は難色を示すが家康は「離縁すれば良い」とにべもない。
信尹は「徳川が進んで真田に人質を差し出すのだから悪い話ではない」と意見。
昌幸は縁組の話を承諾、信幸にはこらえるよう頼む。
徳川から見れば人質ではなく真田に間者を送り込む考えだが。

戦国における大名間の縁組に関しては歴史作家の永井路子が多数の著作で取り上げている。
永井先生曰く嫁として送り込まれる女性は「セックスを伴う女性大使」だそうだ。実家と嫁ぎ先の間を取り持つ外交官になるわけで、大勢力の徳川と抗争を続けてきた真田が徳川から正式な外交官を迎え入れることは大きな意味を持つ。
信幸には正妻(昌幸の兄信綱の娘)が居たが「いな」を迎えるにあたって側室にしたというエピソードは事実だそうだ。

大阪城では信繁と茶々の間を疑う噂が流れていた。
暴走を防ぐ意もあり、清正は九州に送られる。
聚楽第が完成、秀吉は三成や茶々や信繁を伴って引っ越してくる。
秀吉は信繁の前で茶々に側室になるように求め、茶々は了承する。
茶々は信繁に「貴方はいずれ私の元へ戻ってくる、そして同じ日に死ぬ」という言葉を残す。

従来の暗愚なイメージとは違う茶々だが関ヶ原や大坂の陣でどのように動くのか見当がつきませんな。
次回は茶々懐妊のお話。北条征伐までは地味な展開が続きそうだ。




この記事へのコメント