「真田丸 第21話 「戦端」」感想 関東暗雲





大河ドラマ 「真田丸」第21話感想。

秀吉は家康、三成に北条の処分について相談。
未だ豊臣に臣従しようとしない北条を成敗するべしという秀吉の意向は千利休の進言に影響されたものであった。
非戦派で交渉により事を収めたい三成は利休の動きに不快なものを感じる。

男子を出産した茶々は寧や阿茶局と和やかに会談。
本作の茶々は従来のイメージである権高い女ではなく秀吉の第一夫人である寧との関係も今のところ良好である。
ちと新鮮ですな。

本多正信は秀吉に実子が生まれたことで今まで後継者と見られていた秀次の心中は複雑なはずと推察する。
だが秀次は特に野心を持たず、「すて」が生まれたことを素直に喜んでいる様子。
「叔父上が居なければ自分はただの百姓のこせがれ」
という言葉も本音のようだ。
本作の秀次は根っからの善人のようで茶々同様一般に知られているイメージと違うな。
司馬遼太郎や永井路子は秀次さんを無茶苦茶こきおろしてたぞ。
人柄が良い分、後の展開が悲惨になるなぁ。

信幸は新参者の嫁に大いに手を焼く。
小松姫は従来のイメージ通りのキャラの模様。
姑の忠勝がやたらと訪ねてくることにも大いに閉口。
信州と駿府ではかなりの距離があるのに。新幹線は当時未開通だしな。

久しぶりに北条氏政が登場。
今回は汁かけ飯は未登場。
家康が直々に氏政を訪ねてきて秀吉に臣従するよう説得する。
娘を氏直に嫁がせてるためかと思ったが純粋に親切心からの忠告であった。
「たまには得にもならんこともしてみたくなる」
との事。
北条が潰れたことで結果的に家康には幸運が転がり込んで来くるんだけどね。

氏政は現在真田領である沼田を引き渡すことを上洛の条件に提示。
当然ながら昌幸は不承知。
刑部殿の案で秀吉の前で真田と北条、仲介の徳川の三者で会談し裁定することに決定。
北条は外交僧の板部岡江雪斎、真田は信繁、徳川は正信を代表に立てて会談に挑む。

今回は北条征伐まで話が進むと思っていたので拍子抜け。
沼田領帰属問題すら決着がつかないのはちょっと。話を引き伸ばしすぎだ。
三成は戦を避けたいようだ。やっちまっても構わないと思うけど。
板部岡江雪斎は秀吉や家康も高く評価した人物だが本作ではいまいち影が薄い。
北条の優れた外交官だった北条氏規は出ないのかな。ドラマで取り上げられたことはないようだが。

氏政の愚劣さには毎度呆れるが当時の現状認識と後世の評価では隔たりがあるので一概には責められないかな。
200万石の大領があれば家康が小牧長久手の戦いで勝ったように秀吉と渡り合えると思ったのかもね。



この記事へのコメント