「真田丸 第22話 「裁定」」感想 沼田裁定





秀吉立ち会いのもと真田名代信繁、北条名代板部岡江雪斎、徳川名代本多正信三者による沼田領帰属裁定会議が始まった。
信繁も板部岡も己の主張を強力に言い立てて双方一歩も引かない。
しかし会議が進むにつれ板部岡が「大国の論理」を振りかざし信繁側は旗色が悪くなってくる。
結局のところ沼田領の争いは徳川が真田・北条双方に二枚舌的約定をしたことに端を発しており、徳川の意向を汲むべきと秀吉は断じ、秀次に後を任せて退席してしまう。

正信の言動次第で裁定が決まる状況となり徳川と敵対関係を続けてきた真田には絶体絶命の状況だが、正信の言は意外なものであった。
「徳川の約定は「沼田を奪い取るなら好きにしろ。手柄次第だ」徳川が沼田を譲るとは一言も言っていない。起請文にもそう書いてある」
板部岡は激昂するが起請文の内容は正信の言の通りでどうにもならない。
秀次は北条の「沼田を譲り渡す、奪う」という主張は北条が沼田領を真田のものと認めている証と裁定。

いやー、手に汗握る戦いだった。法廷モノのような会話劇だと三谷脚本は冴えるな。
しかし北条へ沼田を引き渡すために徳川は上田侵攻を行って大敗したのだが。
その点を考えると正信の主張は筋は通らないけど、まあ良いってことよ。
「人は良いけど凡庸」なキャラクターだった秀次は今回初めて英邁な面を見せる。いいぞいいぞ。
正信が味方するのも味な展開。信幸・稲姫の婚姻外交の成果かな。
経緯はどうあれ現在真田は徳川の与力なので貸しを作ったほうが得策と考えたのかもね。

信繁は正信に礼を言うが正信は丁重にあしらう。
若輩者とはいえ真田家の代表である信繁に対して大大名の重臣でも横柄な態度をとったりしない正信はさすがだ。
本作の正信は三成同様好感のもてる人物に設定されているのはグー。
そういえば近藤正臣は「黄金の日々」で三成を演じてたんだよな。
二枚目俳優だった近藤正臣も今ではすっかり爺様だ。正信役が良く似合うのう。

沼田裁定は真田が勝ったが「試合に勝って勝負に負けた」展開に。
昌幸は信繁を「よく勝った」と賞賛するが三成は「戦を避けるための政治的判断で沼田領の北条への引き渡しは最初から決まっていた。承知して頂きたい」と頭を下げる。
昌幸は真田家墳墓の地である名胡桃だけは残してくれと要求し三成も承知する。
だが昌幸は信繁に「墳墓の地なんて真っ赤なウソ。あそこを抑えておけば後々有利だ」とうそぶく。
転んでもタダでは起きない表裏比興のおっさんだが、名胡桃は本当に真田ゆかりの地だそうですよ。

板部岡は秀吉の裁定は北条の勝利と考えたが欲深な氏政は大不満。
ちっぽけな土地を欲しがって全領地及び命まで失うことになる。

沼田城主の矢沢頼綱は城の明け渡し命令に大激怒。
信幸の説得もむなしく城から動かんと駄々をこねる。
昌幸の叔父で真田家重臣の頼綱は本作では暗愚に近い扱いだなー。
真田を扱った作品では大抵昌幸の片腕になって活躍するんだけどな。三谷に嫌われてるのかね。

沼田裁定が決まったばかりだというのに北条家の家臣が真田の城である名胡桃城を強奪。
重臣と共に対応を協議している信幸のもとに姑の本多忠勝が来訪。
「兵を貸してくれれば先陣を務める。名胡桃城を奪還すべし」と出撃を勧める。
重臣たちは忠勝の思いがけない申し出を喜ぶが信幸は「真田の軍議に口出し無用」と一喝。
忠勝さん、激怒するかと思いきや婿殿の男気に感じ入り大笑。燃える展開だな。
何時もあたふたしている信幸が初めて「男」を見せた。

昌幸は「こんなことなら名胡桃も北条へ渡しておけばよかった」としょんぼり。
北条征伐のキッカケになった名胡桃事件は不明な点が多く、フィクションの入る余地があるので展開が広がると思ってたのだがアッサリ処理されて拍子抜け。
「昌幸が謀略を使って北条潰しのために事件を引き起こした」といった筋書きを期待してたんだけどね。

とうとう北条征伐が決定。
氏直と板部岡は顔色を変えるが氏政はやる気満々。馬鹿め。
この期に及んでまだ徳川と伊達をアテにしていたらしいが家康は「北条につくわけがなかろう」とバッサリ。
伊達正宗は出てくるのかな。遅参を秀吉に詫びるお約束のエピソードが見たい。
ついでに前田利益も出して欲しい。兼続と親しかったそうだしな。



この記事へのコメント

  • サドの守

    頼綱が他の作品でどう描かれてるかは知らないのですが、
    沼田は譲らんと駄々こねてたのは史実ですよw
    以前の使者ぶった斬りも実際は3回使者が来て3回殺してますし
    今回は昌幸や徳川が説得してようやく明け渡したそうです
    それと「名胡桃に先祖の墓があると言ったがあれは嘘だ」というのも史実と言うんですから本当に狸親父だったんですねえ
    2016年06月06日 14:53
  • センチネル

    コメントありがとうございます。

    本作の頼綱は従来の能臣イメージではなく実像に近いキャラに設定されたのでああなったのかも。
    出浦や高梨がクローズアップされた分、出番自体が激減しているのも悲しいっス。
    2016年06月09日 02:07