「真田丸 第23話 「攻略」」感想 北条征伐・伊達政宗登場





大河ドラマ 「真田丸」第23話感想。

豊臣軍による北条征伐が決定。総勢20万の大軍の陣立ては秀吉の命により三成によって決定された。
総大将は秀次、家康が後見、真田は徳川の与力から外され上杉の旗下に入った。
昌幸は無邪気に大喜び、家康は露骨に不満顔。

前田利家の名前が出てきたが登場は無し。毛利などの有名どころもそういえば出てないな。
話がブレるので省いてるんだろうけど尺は沢山あるんだから顔見世興行的に出しとけば良いのに。
オイラのような歴オタが大喜びするぞ。

上杉景勝が久しぶりに登場。信繁に対して態度がちょっとよそよそしい。

小田原城は完全に包囲される。北条の支城を攻略して孤立化を図る作戦である。
「援軍なき籠城は自殺と同じ」という台詞がドラマ「白虎隊」にあったな。
小田原籠城は北条の定番の作戦だが効果があったのは北条・武田・上杉・今川の勢力が拮抗していて長期退陣による城攻めが出来なかったからで。
関東・東北以外すべて豊臣の領地になっている状況で籠城しても無意味なのが氏政にはわからなかったのだろうか。
後に同様の愚を豊臣が大阪城で繰り返すことになるけどな。

秀吉は家康に北条征伐後の関東転封を命じる。秀吉の代表的失策のひとつですな。

昌幸・信幸・景勝・兼続達が酒を飲みながら軍議。今までの経緯を考えるとこの顔合わせは感無量だな。
皆秀吉への手伝い戦に不満ありあり。このドラマの昌幸・景勝は秀吉のことが嫌いなのが特徴。関ヶ原で豊臣方につくのが不思議だ。
出浦は信幸に「北条と組んで秀吉を倒す」話を持ちかけるが信幸は即却下。このエピソードは荒唐無稽すぎると思われ。

お約束の「小田原評定」が行われるが当然埒が明かない。氏直と江雪斎は降伏に傾いているが氏政は伊達の援軍をアテにして交戦継続に固執。

包囲陣に呼び出された茶々は「城が焼け落ちる所を見ておきたい」と物騒なことを言って信繁をゲンナリさせる。
城の炎上はもう二度も見てるだろ。あんたの城もいずれ派手に燃えるよん。

支城攻略が想定通りいかず三成はイライラ。「三成は腹を下しやすい」エピソードが出てくる。
三成が繊細なのは昔からのことだと形部は意に介さない。
今さら気づいたが本作の刑部は三成の先輩、上位的立場に描写されてるな。親友・同輩に描かれることが多いと思うけど。

とうとう伊達政宗が秀吉に恭順の意を示すため小田原の陣にやってきた。
白装束はお約束だが潰れた目も白布で覆っているのは初めて見たような。なかなかハンサムで格好良いけど今回はセリフ無し。
長谷川朝晴という俳優さんが演じているが知らない人だ。片倉小十郎もいずれ出る模様。
伊達は大坂の陣で真田といろいろ関わることになる。「家康が最も恐れた男 真田幸村」の政宗さんは良かったなぁ。

三成は上杉・真田に変わり忍城攻略を引き継ぐ。
忍城攻略失敗は三成の軍事的無能を示す証左としてよく引き合いに出されるが、意に沿わぬ水攻めを秀吉に無理やりやらされたという話もある。
戦略家としての能力はゼロだが侍大将としては結構優秀だったと個人的には思っているが。
景勝は三成の無礼に立腹、昌幸はお手並み拝見とばかりニコニコ顔。

信繁は家康、本多正信、形部の意向で氏政に降伏を勧める非公式の使者として送られるが北条側の降伏反対派の一団に襲われる。
危機を救ったのは佐助、そして小山田茂誠であった。

うーむ、今回は微妙だった。
北条を救うべく家康達が力を尽くすが北条親子が好感のもてる人物ではないため見てる方はどーでもよく感じてしまう。
せめて氏直だけは同情できる人物に設定したほうが良かったかと。信繁が北条への使者に指名されるのも無理がある。弱小大名の小倅の言うことなど阿呆の氏政が聞くわけがない。
政宗が出てきたのは良かったな。北条の外交官だった氏規はやはり登場せず。江雪斎がいるからかな。家康の幼馴染なので話の広げようがあったと思うのだが。
小山田茂誠が久しぶりに再登場。また高木渉の声が聞けて嬉しい。現在放送中の「ジョジョの奇妙な冒険」の虹村億泰役はイメージぴったりだ。



この記事へのコメント