「真田丸 第24話 「滅亡」」感想 北条滅亡・伊達政宗との出会い





大河ドラマ 「真田丸」第24話感想。

氏政に引き合わされた信繁だが、氏政はやはり非友好的。
真田とは散々揉めた間柄故「よくも抜け抜けと姿を現せたな」とごもっともな発言。危うく氏政に殺されそうになるが「自分は真田の倅ではなく豊臣の使者」という言葉で冷静さが戻ったか、交渉に応じる。
信繁から北条の支城はほぼ落ち伊達政宗も降伏したと聞かされ氏政は絶望、抗戦一方だった心境に変化が生じ、信繁は江雪斎から感謝の言葉を受ける。

氏政は白塗り顔で登場。「志村けんのバカ殿」のリスペクトかな。
氏政が小田原城外の状況を全然把握しておらず、信繁の話を聞いただけでアッサリ崩れちまう展開は拍子抜け。
ここは信繁の大演説、熱意の説得の末氏政が降伏勧告を受け入れる脚本にするべきだ。
氏政は本当に現状をまったく知らなかったのだろうか。北条の諜報機関「風魔一族」は何をやっとる。

「どうせ秀吉と戦うなら徳川や伊達と組んで日ノ本を分ける大戦(おおいくさ)をやってみたかった」という氏政の言葉は悲痛。
小牧長久手の戦いの時に反秀吉陣営に加担して戦えばよかったのに。あの時は状況が違うか。

帰り際に信繁は茂誠の妻「まつ」が生きていることを茂誠に伝え彼を喜ばせる。
まだ女房の生存を知らなかったのね。今の茂誠は北条の家臣なので戦後処理が終わったら「まつ」の元に帰る約束をする。

忍城で苦戦している三成を支援するように命令された昌幸は「氏政が羨ましい」と本音を吐露。
自分のための戦をしている北条が意に沿わぬ手伝い戦に駆りだされている昌幸には眩しく見えるらしい。

ようやく北条親子は降伏するが秀吉は「氏直は許すが氏政には腹を切らせろ」と命じ、家康・形部・信繁は約束と違うと困惑。
家康は氏政の助命のために奔走、景勝・昌幸を誘って死の覚悟をしている氏政に生きる道を説こうとする。
氏政は家康たちの好意に感謝するが「豊臣の下で働こう」という言葉をきっぱり拒絶。逆に景勝に「秀吉のために生きる、それでよろしいのか」と問い一同を絶句させる。
昌幸は「死にたければ死ね。しかし生きてれば楽しいものも見れる。秀吉の世も長くは続かぬ。もうひと暴れしたいと思いませんか」と言葉をかける。
激しく争った相手に過去の経緯も忘れて投げかけた真実の思いであったが氏政は「お主らの働きぶり、あの世でしかと見物させていただく」と答える。
4人の大名たちが立場を超え只の男に戻り己をさらけ出して魂をぶつけあう、本作屈指の名シーンですな。アタシは大いに感動した。

別室では信繁、正信、兼続、江雪斎が主の帰りを待ちながら会談。
必死になって氏政を救おうとする家康を訝しむ信繁に正信は「ああ見えて殿は情の深いお方」と言う。
本作の家康は現実主義・功利主義・小心者な面が強調されているが「良い面もあるんだよ」ということか。
兼続は「主がまた勝手な約束をするのではないか心配だ」とバッサリ。笑いを誘う。

翌日氏政は切腹。ハラキリ前には酒と肴が出るものだが氏政が最後に口にしたのは汁かけ飯であった(笑)
いくらなんでもやり過ぎやろ。ギャグのつもりか。
こうして早雲以来の「関東の独立国」北条は滅びたのである。
本作の氏政はかなりのアホだったが最後だけは潔かった。違和感を感じなくもないが戦国モノではよくある展開だ。

小田原の戦後処理の際、信繁は形部に「利休が北条に軍事物資を売却していた証拠を見つけた」と報告。
形部は調査に赴くが物資はすでに利休が処分した後で何も見つからず。
この一件が利休の命取りになるんだろうが本作の利休はえらく俗っぽくて下世話な奴だ。
大河ドラマ「秀吉」の仲代達矢の利休は人格高潔だったぞ。

北条が降伏し小田原城も落ちたのに三成が攻める忍城は未だ陥落せず。
三成のイライラも限界に来ていたが応援に来た昌幸は謀略によりあっさり忍城を落としてみせる。
昌幸の戦上手を間近に見た三成は「自分に戦の何たるかをもっと教えてほしい」と頼む。
忍城のゴタゴタは簡素に処理されたな。詳しく知りたければ「のぼうの城」を見ろってか。
昌幸の智謀が久しぶりに発揮されて格好良いぞ。
三成の昌幸への言葉は関ヶ原の戦いの伏線かな。実際のところ戦のやり方は島左近に教えてもらうのだが本作では出てくるかどうか。

秀吉に降伏した伊達政宗は宇都宮で秀吉の饗応役を務めることになり、己の野心を抑えられない昌幸は政宗との接触を図る。
伊達、上杉、徳川と組み東国大名を一斉蜂起させ豊臣と戦う腹づもりである父に信幸は不安と困惑の目を向ける。

政宗は大うつけな振舞で餅つき姿を披露。興に乗った秀吉も大はしゃぎし、政宗の卑屈な態度に昌幸と家康は幻滅。昌幸は伊達との接触を取りやめてしまう。
秀吉は昌幸に領地の安堵及び北条領になっていた沼田の割譲、徳川の与力編成も取り消しと大盤振る舞い。家康は草ぼうぼうの関東に飛ばされしょんぼりする。
政宗は料理研究家でもあったので特注の餅のエピソードが挿入されたわけですな。政宗の大馬鹿な態度はちゅーしんぐらの大石内蔵助の真似でしょう。それを見抜けんとは昌幸もまだまだですな。
片倉小十郎もちょっとだけ登場。

饗応が終わった後、政宗は信繁に気安く話しかけてくる。

「もう少し早く、京の近くで生まれて居れば大広間の主は秀吉ではなくわしであった」

政宗お約束のキャッチフレーズを信繁に披露。
「真田の小倅、またどこか出会おう」と言葉を残し去っていく。
「同い年であるこの二人は大坂の陣で運命的な再会を果たすことになる」というナレーションが良いな。
歳が同じだとは知らなかったゾ。
政宗さんの演技は少し微妙。軽くてチンピラっぽい。「奥州筆頭!」のセリフが似合いそうだ。
眼帯が刀の鍔ではなく布なのは何かコダワリがあるのか。

今回は大名連中の連携が上手く描けていて楽しかった。政宗の傾きぶりも見れたしな。
今のところ昌幸・家康・景勝は内心はどうあれ和気あいあいの仲良しムード。後に天下をかけて争うようには全然見えない。どう話を展開させるのか予想できない。

次回は利休の切腹と鶴松の死のお話の模様。利休は意味ありげに登場した割には見せ場がなかったなぁ。
個人的要望として秀吉の死までの展開は簡素にまとめて処理して欲しい。



この記事へのコメント