「真田丸 第25話 「別離」」感想 淀城の黄昏





大河ドラマ 「真田丸」第25話感想。

今回は回想形式でスタート。淀城で秀吉の一子鶴松が危篤状態の場面。
「利休殿のたたりでは」という台詞で利休が既に死んでいることがわかる。
利休が切腹に追い込まれた過程が描かれる。

三成たちは利休に北条へ弾薬を供給していた件を追求するが、利休は秀吉の信任を盾に我関せずの態度。
そこで形部は秀吉の信頼が最も厚い重臣にして秀吉の弟、秀長を動かす。
秀長の嘆願には流石に秀吉も聞き入れざるを得ず、秀長は「今後は利休のように一人に力が集まるようになってはいけません」という言葉を残し世を去る。

形部は三成に「汚い手」を使って利休を失脚させることを提案。
有名な「利休の木像」を秀吉への不敬の象徴と讒言、利休は追放・蟄居・切腹に追い込まれる。
清廉なイメージが強い形部の暗黒面が描かれるのは珍しい。

「利休のことは忘れろ。たたりなどあるわけがない。もしあるなら真っ先にたたられるのは自分だがこの通り何事もない」

という形部の台詞はその後の悲惨な経緯を思うと薄ら寒い。
信繁は利休の心中を尋ねる。利休は「業の深さ」が人を動かすと説く。

沼田城主となった真田信幸は大叔父矢沢頼綱と新妻「いな」の我侭勝手に悩まされる。
新妻と信幸は未だ夫婦と言いがたい間柄の様子。本作の女共はやはり好感が持てんのう。
小山田茂誠は妻「まつ」の元へ帰還。茂誠は岩櫃城を守ることに。

信繁は大蔵卿局から利休の木像製作と寺への安置は淀殿の思いつきが原因だったことを知らされる。
淀に悪気があったわけではないのだが災いを無意識に招く疫病神的存在であることが強調されている。

清正と正則が久しぶりに登場。水垢離の件でおふた方と三成の微妙な距離感が感じられて良い。
三成を水垢離に誘うという事は今のところ完全に憎み合っているわけではないわけで。
二人を冷淡にあしらいつつ三成も水垢離に付合うし。決定的な決裂は朝鮮出兵の件以後か。

鶴松危篤につき三成は豊臣家の一門を集め、豊臣家繁栄のための力添えを頼む。
面子は秀次の他、宇喜多秀家、小早川秀秋、羽柴秀保、秀勝の面子。
本作では登場人物を絞り有名どころもあまり出てこないので彼らの登場は少し驚いた。
秀家は自分のお気に入りなので活躍して欲しい所。
秀次は鶴松に代わって跡継ぎとしてやる気満々だが、そのやる気が命取りに。

鶴松は世を去り、家康と昌幸は豊臣の世も長くは続かないという見識で一致。

前回は面白かったが今回は微妙だった。
薫と片桐且元の薬作りのコントはまったく不要で尺の無駄。
お話の停滞期は短くまとめて欲しい。秀吉の死までは退屈な展開が続きそうだ。

次回は朝鮮出兵と仮装大会のお話の模様。
仮装のエピソードは「真田太平記」や「謀将 真田昌幸」にもあったな。多分史実なのだろう。

ウィキを見てたら大阪城で活躍した武将のキャステイングを見つけた。
毛利勝永、明石全登、長宗我部盛親が登場するらしい。勝永が出るのは嬉しいぞ。



この記事へのコメント