「ラブライブ!サンシャイン!! 第3話「ファーストステップ」」感想 初ライブは嵐の中で輝いて

LLS_03_00.jpg





「ラブライブ!サンシャイン!!」第3話感想。

学校にヘリに乗って登校して来た金髪少女小原鞠莉。
彼女は千歌たちよりひとつ上の上級生で学園の理事長でもあった。
「聖ルミナス学園」みたいな設定だな。
鞠莉はスクールアイドル部開設に理解を示すが、千歌たちに部承認の条件として「学校の体育館をライブ開催によって満員にする事」と告げる。
しかし学校の生徒を全員動員しても体育館は満員にならない。かなり高いハードルである。
千歌たちは集客のために行動開始。
LLS_03_01.jpg

LLS_03_02.jpg

駅前のビラ配りは三者三様の過程と結果に。
曜のコミュ力の高さと人あしらいの上手さは流石。
この手の美少女モノでいそうでいなかったキャラだ。今のところ曜が自分のイチオシ。
駅前でビラ配るより男子校で配ったほうが効率が良いと思うけどね。
花丸・ルビィコンビに会った千歌はグループ名を聞かれて、まだ決めてなかったことに今さら気がつく。

花丸は読書好きの設定で本屋で大量の購入本を台車で運んでいた。
しかも風呂敷包みで持って帰るんか。まるで行商人だ。宅急便を使えよ。
LLS_03_03.jpg

LLS_03_04.jpg

LLS_03_05.jpg

LLS_03_06.jpg

海岸で練習をしながら三人はグループ名決定に関して協議。
梨子の提唱するスリーマーメイドは即却下。良い線いってると思うけどな。
「ハイスクール・フリート」のブルーマーメイドを連想するが。
曜の「制服少女隊」も駄目。昭和っぽい名前だ。
結局なしくずし的にグループ名は「Aqours(アクア)」に決定。
LLS_03_07.jpg

集客作戦第二弾は町内放送による周知活動。
放送内容はかなりグダグダ。
自宅で琴を弾いていた生徒会長は文字通りのブチ切れ(笑)。
LLS_03_08.jpg


ライブの準備で遅くなったため、曜は千歌の姉の志満に軽トラで送ってもらう。
しっとり優しげな志満と人好きのする曜は良い組み合わせ。
準備状況を志満に聞かれ「人が少ないですからね。ここらへん」と答える曜。
寂れた町なんだなぁ。
志満は好みのキャラだな。担当声優は阿澄佳奈だが、いつもの声質と随分違う。
LLS_03_11.jpg


ライブ当日は生憎の悪天候、豪雨と雷。
初めてのライブ前の緊張状態とまばらな集客状況は前作とまんま同じ。
ほとんどゼロに近かったμ'sよりはマシだけど。
設備は凄かった音ノ木坂学院に比べてこちらは田舎高校の粗末な体育館。素人っぽい照明はリアルで好ましい。
悪条件でも一生懸命歌う三人だが今度は停電で音楽と照明がストップ。
大ピンチだが援軍が駆けつける。
街の皆さんが群れをなして駆けつけてくれ、仕切り直しのライブは無事成功。
ローカルアイドルを街を上げて盛り上げようという考えかな。「くまみこ」みたいな失敗はするなよー。
クラスメイトたちの協力も胸熱。
LLS_03_13.jpg

LLS_03_14.jpg

LLS_03_15.jpg

LLS_03_16.jpg


前作とほぼ同じ展開なのは評価が別れるかも。
自分は単純に感動したけど。
果南の暗い雰囲気は気になった。今のところ彼女は本筋に絡んでないな。

今回は作画が所々やばかった。
ドル箱タイトルなんだからもうちょっと頑張って欲しい。
LLS_03_09.jpg

LLS_03_10.jpg

「よーそろー」コミュ力高え。ロングスカートいいなぁ





この記事へのコメント