「真田丸 第29話 「異変」」感想 天下人の崩壊





大河ドラマ 「真田丸」第29話感想。

信繁は形部の娘「春」を正室に迎えた。後に信繁の嫡男大助(幸昌)を生む女性である。
信幸は家康の重臣本多忠勝の娘を、信繁は秀吉の腹心の娘を正室にし真田の将来は安泰と思えた時期であった。

婚儀ついでに真田兄弟は父昌幸に母の出自の件を尋ねる。
昌幸の正室「薫」は菊亭大納言の母の侍女であった。昌幸は信玄公に習い公家の姫を嫁にしようとしたが上手くいかず、食いついたのは薫のみだったという。

「誰にもいうな。話したのがバレたらワシが殺される」

真田兄弟に釘を刺す昌幸。
薫の出自に関するゴタゴタは意味があったのか。これなら別説の「宇多頼忠の娘」 設定のほうが良かったのでは。昌幸と三成は相婿の関係になるし。
どうでもいいことだが薫役の高畑淳子は顔がでかい。凄く気になる。「毛利元就」に出演していた時はでかいとは思わなかったんだけど。メイクのせいかな。

信繁の婚儀の後、「春」は真田一族に引き合わされる。
春に対しヌケヌケと「自分は菊亭晴季の娘」とのたまう薫に昌幸と信幸はゲンナリ。
菊亭晴季の娘の一人は秀次の正室で秀次粛清の際に連座で処刑されている。

「母上はよくご無事でしたね」

ともっともな疑問を示す春に薫はテキトーな対応でごまかす。
なお晴季卿は流罪になったが後に許され帰京している。信繁を扱ったドラマ「風神の門」では重要キャラのひとりとして登場。アタシにとっては思い入れのある人物だが本作には出てこないかな。

真夜中、眠りから覚めた秀吉は寝小便をしていることに気が付き愕然。
三成と信繁が後始末をするためやってきたが

「すまぬ」

と二人に謝る秀吉に普段の傲慢な権力者の面影はなく、己の醜態に混乱している老人でしかなかった。
打ちひしがれた秀吉は三成に「今後の政治は奉行の合議制」で行うよう命じる。

「きり」は小西行長の母から使い事を頼まれる。
職人から木製の十字架を受け取った「きり」は細川忠興夫人の玉(ガラシャ)に届ける。
ガラシャ夫人たちは礼拝の真っ最中。キリスト教が世に浸透していることがわかる場面。
ガラシャの姑である藤孝と旦那の忠興は未登場。今後出るだろうか。

築城仕事の疲れと母親のヒステリーにストレスMAXの信幸は「こう」の寝床に直行。
正室の面子丸潰れの「いな」は寝所に信幸を引っ張りこむ。

「要求を飲まないと父にチクる」

と脅し、「いな」は信幸に「合体」を強要。
この女ちっともデレないな。

家康を呼び出した秀吉は「大名の合議制で政治をするよう」申し付け、三成と信繁は衝撃を受ける。
しかも再度家康を呼び出し、まったく同じ命令を繰り返す秀吉の姿に家康や三成は混乱を味わうと同時に天下人「豊臣秀吉」が崩壊しつつある事を実感する。
秀吉の夜尿症や耄碌描写をちゃんと描いているのは高評価。この辺の事情は永井路子の傑作「王者の妻」を読むと詳しくわかる。
「王者の妻」のねね(寧)の言葉に

「歳の離れた夫婦は悲しいものです。夫が老い朽ちていくのがよくわかります。それでも自分は何もしてやれない」

というものがある。本作の寧も夫の老いに対する振舞は悲しげだ。

信幸は信繁に「いな」と「こう」、両方同時に子ができたと報告、無邪気に喜ぶ。

ここしばらく放蕩三昧だった昌幸は人が変わったように伏見城作りに打ち込む。昌幸の縄張りは支城から伏見本城を即座に制圧できる形になっていた。
伏見城にいる秀吉を捕獲して天下に一泡吹かせるつもりだったのだろうか。女遊びはやはりカモフラージュか。

老耄を三成に指摘された秀吉は信繁の前で「死にたくない」と泣く。
信幸は信繁に

「俺は徳川の婿。世が乱れ徳川につくことが真田を利するなら俺は迷わず徳川につく」

と本心を打ち明ける。信繁は豊臣政権に密着しているが、信幸と徳川との関係は今のところ希薄で徳川寄りの立場を鮮明にするのは唐突に感じた。
信幸が家康や忠勝と親しくなる描写をもっと入れたほうが良かったのでは。
信繁は暗に「豊臣寄りの立場である」事を信幸に示す。

大震災「慶長伏見地震」が発生。建てたばかりの伏見城も崩落。昌幸の野心はまたも潰えたのであった。
「地震加藤」で有名なあの地震ですな。秀吉は完成したばかりの壮麗な伏見城で明国の使者を迎えるつもりだったのが、伏見城が潰れちまって目算が狂ったそうな。そういえば唐入り関連の描写が最近全然出てこない。

秀吉の死も間近の様子。秀次の粛清と秀吉の老醜を丁寧に描いたのは良かったかな。






この記事へのコメント

  •  

    >「宇多頼忠の娘」 設定

    これも有り得ないそうですよ
    侍女説の方が有力なんだそうで
    2016年07月26日 13:07