amazonの新サービス「Kindle Unlimited」レビュー。(※2016年9月1日追記 早くもビジネスモデルが崩壊した模様)





2016年8月3日からamazonの新しい配信サービス「Kindle Unlimited」が始まった。
なかなか興味深い内容なのでレビューを書いてみる。

kindle_L.jpg

Kindle Unlimited 加入登録ページはコチラから


■どんなサービスなのか

月額980円でKindle向けに配信されている12万冊以上の和書、120万冊の洋書が読み放題になる。
30日間無料体験があるので試してみると良いかと。
Kindle端末以外でもリーダーソフトを使えばスマホやPCでの閲覧が可能。


■ラインナップはどうなの?

取り敢えず現時点のジャンルと対応書籍登録数は下記の通り

文学・評論 (20,141)
人文・思想 (13,391)
社会・政治 (6,137)
ノンフィクション (2,388)
歴史・地理 (4,903)
ビジネス・経済 (8,198)
投資・金融・会社経営 (3,327)
科学・テクノロジー (5,525)
医学・薬学 (1,399)
コンピュータ・IT (2,826)
アート・建築・デザイン (3,876)
趣味・実用 (7,408)
スポーツ・アウトドア (3,387)
資格・検定・就職 (440)
暮らし・健康・子育て (5,526)
旅行ガイド・マップ (1,999)
語学・辞事典・年鑑 (1,893)
教育・学参・受験 (3,155)
絵本・児童書 (2,393)
コミック (30,697)
ライトノベル (2,826)
ボーイズラブ (4,806)
ティーンズラブ (1,357)
タレント写真集 (5,184)
エンターテイメント (1,890)
楽譜・スコア・音楽書 (413)
雑誌 (3,936)
アダルト (18,638)

対応書籍には「Kindle Unlimited」のマークが表示されている。
ざっと見た感じ予想通りというか対応している本は総配信書籍の中でも極々一部のようだ。
「都合よく読みたかった本が無料対象だった」というケースはあまりないと思う。
対象本を探しまわることになるが、これが結構大変。


■読みたい本を探す

対応書籍の探索方法を御紹介。

Kindleストアのトップページの左横に「Kindle Unlimited 読み放題」のBOXがあるのでチェック

8月3日現在1,451,183件がヒット。左横の「Kindleストア」の和書・洋書で和書を選択

ニューリリース、ジャンル、著者、出版社で絞り込む


んで、取り敢えずの調査結果。
アート関係で読みたかった本がいくつか見つかったのはラッキー。

児童向けでは昔懐かしの学研まんがの歴史シリーズが何点かあった。童心に帰るべえ。
陽気婢先生の15禁同人誌の電子版が何故か絵本・児童書にカテゴライズされていて爆笑。いいのかなぁ。

ラノベ関連ではアダルト向けラノベの新刊・人気作が上位に何冊も入っていて驚いた。小説はゾーニングしないのか。

TL漫画は人気作の「あやめ14」の1~2巻、「citrus:」の1~5巻、無敵恋愛S*girlの最新号が目についた。

少年・少女・青年向け漫画はかなり貧弱。もう少し頑張って欲しい。

もの凄く力が入っているのがアダルト関連とタレント写真集。双方合わせて2万4千点近い。
わかりやすい求心策だナ。
ブログの規定上詳しくは書けないがコミックは良品や新刊、お値打ち物が結構あった。
雑誌「COMIC BAVEL」の最新号が読めるのは結構美味しい。定価780円だもんね。


■サービスの注意点

同時に10冊までしかストックできない点は注意。
消して入れてを繰り返せば済むけどコレクションしたい場合は単冊で買うべき。


■最後に

読書好きなら利用する価値のあるサービスである事は間違いなし。
30日間無料体験があるので是非お試しを
プライム同様無料期間を過ぎると自動的に契約になるので継続する気がないなら解除手続きをお忘れなく。

※2016年9月1日追記
サービス開始から1ヶ月も経たずに人気本の多くがラインナップから外されてしまった。
amazonが出版社への使用料を負担できなくなったらしい。

「アマゾン読み放題、人気本消える 利用者多すぎが原因?」

調べてみたところ暇ができたら読もうと思ってリストに載せておいた無料対象本がゴッソリ消えていた。
開始当時はかなりお得感のある品揃えだったが今はお寒い状況である。

現時点ではお勧め出来ないサービスになってしまった。誠に残念。

■その他

○Kindle for PC (Windows)
 Windows PCでKindleを読むためのツール


○Kindle for Mac
 MACでKindleを読むためのツール


○Kindleタブレット








この記事へのコメント