「真田丸 第31話 「終焉」」感想 秀吉死す





大河ドラマ 「真田丸」第31話感想。

秀吉の死が間近に迫り三成は豊臣を維持するための新体制について刑部と協議。
形部は三成が提唱する五大老・五奉行の合議制による運営案には同意するが、自分を奉行職から外してくれと申し出る。
病身では足を引っ張るだけと判断したらしい。
今回も大老である毛利と前田の登場はなかった。本作では出てこないのかな。
三成以外の奉行もそういえば出てない。五奉行の筆頭だった浅野長政には出てほしいな。

正信と阿茶局は家康に「次の天下人は貴方様」と焚きつけるが家康は気乗りではない様子。本心なのかは怪しいもんだが。
家康を訪ねた三成は朝鮮出兵の引上げ処理に関して通達するが、家康に対して露骨に不審と警戒の感情を露わにする。
三成の威圧的態度は正信の対抗心・悪知恵を刺激する結果に。
三成不在の時を狙って強引に秀吉の寝所に乗り込んだ家康と本田親子は痴呆状態の秀吉に「徳川に有利になる遺言」を無理やり書かせる。
遺産相続における不正工作みたいだな。
贈り物と称して信長公拝領の鎧を置いていく辺り、嫌がらせの方法も芸が細かい。
悪辣親子正信・正純は喜々として詐欺的行為を実行、側で見ている家康は「あまり無理強いするな」と渋い顔。
家康達にいいように操られても、ひたすら「秀頼を頼む」と繰り返すのみの秀吉の姿は悲惨なり。
ほいほい家康を寝所に入れてしまう且元の間抜けぶりも酷い。ヘマをやる役はいつもこの人だ。
事の次第を知った三成は激怒。家康に対抗して秀吉に新しい遺言を書かせるが

「病人に無茶をするな」

と寧に叱責される。当然だわな。

すっかり楽隠居状態の昌幸に出浦は

「秀吉が死に家康も死ねば天下はまた乱れる。お主の悲願だった武田の領地の奪還も可能だ」

と説く。本作の昌幸はこの時期は気力を失ってボンヤリしていたという設定なのか。
従来の「天下取りたい病にかかった戦争狂」のイメージとは違った新解釈ですな。
作家の山岡荘八曰く昌幸、黒田如水、伊達政宗が「天下取りたい病」武将の代表三人だそうだ。

家康がまた秀吉の見舞いにやってきた。今度は供を連れず信繁立ち会いの上である。
家康は先日の非礼を信繁に詫びる。

「戦は大嫌いじゃ。」

という家康の言葉が本音なのかは判断が難しい。史実の家康は合戦好きで晩年はヨボヨボ状態だったのに大坂の陣で戰場に出た途端元気になったという話もある。

「伊賀越えは一度でたくさん」の台詞は伊賀越えではなく三方ヶ原の戦いのほうが良かったのでは。
本作の家康は武藤喜兵衛(真田昌幸)に三方ヶ原で追い回されて死にかけた設定だもんね。
続いて小早川秀秋も見舞いに来る。秀秋役の俳優さんは肖像画に似てるし凡庸な雰囲気も好ましい。今のところ良い人っぽいが今後どうなるか。
結局秀吉・秀秋の諍いの描写がなかったのは残念。関ヶ原の戦いにおける裏切りの伏線なので入れておいたほうが良かったと思うんだけど。
秀秋の不注意で秀吉の病状が悪化、昏睡状態に。
「ロウソクの日が消えるとき自分も死ぬ」とは秀吉はオー・ヘンリの「最後の一葉」を読んだのかね。
秀吉危篤の際にも茶々は「自分と秀頼は殿下には会わない」とゴネていた。
大蔵卿局は信繁に

「茶々様は鶴松様を亡くして以来お人が変わりました。死を酷く恐れています」

と告白。人の死など何とも思わないと言っていたのに随分な変わりよう。茶々の性格の変化は後の大坂の陣に影響を及ぼすかも。
結局対面はかなったけど。本作の秀頼は利発らしい。
茶々と寧の仲が良いのは既存のイメージとは離れていて妙な感じ。関ヶ原は茶々VS寧の側面があるので不仲でないなら話をどのように展開させるのか興味深い。
秀吉の枕元に出た血まみれの少年が誰なのか自分にはわからなかった。秀吉が殺した浅井長政の息子かしら。
狂乱状態の秀吉は三成に「家康を殺せ」と本音を叫ぶ。
三成は昌幸に家康の暗殺を依頼、昌幸は出浦に暗殺の実行を命じる。
歴史小説や映像作品では太閤死去後の家康暗殺計画が良く出てくるけど何処まで史実に近いのかな。
島左近が計画を実行もしくは三成が計画を却下したという話は有名だけど。
いまだに左近は登場せず。どうなっとるんじゃ。

秀吉は一時正気が戻ったのか信繁に

「佐吉(三成)を頼む。支えてやってくれ。寂しい男でな」

と頼む。良い台詞だ。うるっとくるじゃないか。

出浦は家康の在所の天井から狙撃のタイミングを伺うが、間の悪いことに信幸が家庭内のゴタゴタの仲介を頼むため家康に会いに来ていた。
同席していた秀忠は信幸に「自分は淀殿の妹「ごう」を嫁にもろうたが色々苦労している。今度話を聞いてくれぬか」と言う。
後の将軍正室「ごう」も未だ未登場なり。
家康暗殺は忍びの気配を感じた信幸の警告で失敗。出浦は豪の者忠勝と刃を交えて健闘するが信幸とバッタリ会って生じたスキを突かれて重症を負うも何とか脱出。
チャンバラシーンは格好良かったなぁ。藤岡弘はこういうアクションが大好きなんで嬉しかったはず。
出浦さん、敵地に潜入するなら顔ぐらい布か何かで隠そうよ。忠勝は出浦の顔を知らなかったのか。
家康・秀忠親子は揃ってビクついていた。荒事は苦手なんだろうな。

秀吉は一人寂しく死亡。
宿直の且元は例によって居眠りで気が付かず。
危篤なのに秀吉の周りに誰も居ないはいくらなんでも変。
有名な辞世の句はあえて省かれたみたい。自分はアレが好きなので残念なり。

本作も秀吉の死でようやく転換期が来た。
小日向文世の老醜演技は見事でござった。
映像作品では晩年の秀吉は狂った独裁者として描かれることが多いが、本作は史実通りの認知症として描き切ったのはグーでござる。
秀吉は暗黒面が強調されていたが、家康は今まで小心な良い人風に描かれていたので対立構造を煽るため暗殺のエピソードを入れたのも適切かと。







この記事へのコメント