「真田丸 第32話 「応酬」」感想 家康動く





大河ドラマ 「真田丸」第32話感想。

家康暗殺は失敗、真田兄弟は昌幸に真意を問いただす。
家康を亡き者にし動乱の世に戻すことで信玄公の領地奪回を夢見ていた昌幸はヒットマンを差し向けるが結局空振りに終わった。
昌幸は急に老けこんだな。まだまだ活躍の機会はあるのに。吉野太夫(偽)に入れ込んで以来覇気がない。しっかりせい。
暗殺実行犯の出浦は重傷だが生きているようだ。良かった。

秀吉の死は当面伏せることになり、遺体は壺に入れて塩漬けにして城内の寂れた場所に安置することに決定。
秀吉は自分の遺体は焼くなと遺言していたそうで、塩漬けは事実なのかな。古来の遺体保存法は塩ではなく酒漬けのイメージが強いが。

「好きなお方じゃなかったけど壺の中で塩漬けって何だかお可哀そう」

という「きり」の台詞には同意する。

秀吉の馬廻りの任を解かれた信繁は三成に今後の身の振り方に関して望みがあるかと問われ「治部様に使えたい」と答える。
治部殿は優秀でも人気のない御仁だから、信繁みたいな有能な忠義者がみずから出仕を志願してくれてさぞ嬉しかったろう。三成の返答も振るってる。

「私はほとんど間違えることがないが、たまに誤った決断をすることがあるので遠慮なく教えてくれ」

三成の傲慢さと謙虚さがよく分かる良い台詞だ(笑)
しかし三成の補佐役は島左近の役割だと思うのだが。今回も登場せず。

秀吉の死を知らされた家康は嫡男の秀忠に江戸への帰還を命じる。
信長のように自身と嫡男が同時に殺されると家が滅ぶ事を案じた故であった。
秀忠は家康に帰還の理由を聞くが「たまには頭を働かせろ」と一喝されてしまう。
秀忠のボンクラぶりがわかる演出ですな。今後の展開の伏線にもなってるし。

秀吉の冥福を祈る家康。
律儀な面があるんよね。しかし家康の心境に変化が生じたようだ。

「いっそ天下を取ってしまえ」

という正信や阿茶局の言に従う気になったのかな。

徳川の脅威に対抗するため三成、形部、信繁は様々な手を打つ。
まずは家康に次ぐ実力者前田利家に助力を請うが、利家は健康状態が優れずあまり頼りにはなりそうにない。
前田利家、利長親子がやっと登場。利家が存命のうちは家康も好き勝手は出来なかったんだよね。

五大老・五奉行が集結、秀吉の葬儀と朝鮮からの撤兵に関して協議。
大老の一人である毛利輝元が初登場。担当の俳優さんは太っていて大河ドラマ「毛利元就」で輝元を演じた森田剛とは随分違う。
五奉行も出てきたけど長束正家と三成以外の三人は名前すら出ず。寧の義弟である浅野長政はちゃんと出して欲しかったな。

徳川は伏見の屋敷に大名たちを招いて毎日宴会を実施。
正信の接待・ホスト役はにこやかでソツがない。
伊達政宗は「太閤は既に亡くなったという噂があるが」と探りを入れてくる。
表向きは生きていることになってるのね。
正信は政宗に「家康公の息子忠輝様の正室に貴公の娘を頂けぬか」と婚姻政策を申し入れる。
政宗にとっては有難い話に思えるが、これが後のトラブルのもとになる。
長宗我部盛親が宴席に顔を出していた。今回が初登場だな。

家康による大名連中および豊臣の女子衆の抱き込み工作に三成はイライラ。

「負けてはおれぬ、こちらもやろう」

と宴会を開くが誰も来やしない。爆笑。人気の差が露骨に出るなー。
「巨人の星」の飛雄馬のクリスマスパーティーを思い出したぞ。
宇喜多秀家の「ここに集まったのは豊臣に忠義を誓った誠の侍たちだ」という強がりも虚しい。
来たのは且元、長束、秀家、秀秋だけかと思ったら遅れて細川忠興がやってきた。
秀家は喜んで忠興をもてなすが三成は挨拶すらせず部屋に引っ込んでしまう。ホントーに人付き合いが下手くそな男だ。
初登場の忠興は陰気な印象。自分の忠興のイメージは「豪の者」なんだけど本作では植物的な雰囲気なり。

加藤清正が朝鮮から帰ってきた。
三成は清正に徳川の脅威を説き、力を合わせて秀頼様を守ろうと申し出る。
この時点では清正も三成への反感はひとまず脇にどけて協力する意志はあったが、例によって三成の非礼な態度に怒りゲージをUPさせる。
酒の席でも不器用に三成へ歩み寄りの姿勢を見せる清正だが三成の対応はそっけない。大馬鹿者め。

取り決めに反し家康が伊達、福島との婚姻話を進めていると知った秀家は激昂。
詮議のため信繁を家康のもとに派遣。
家康は

「遺言は太閤の死後に有効になる、太閤はまだ死んでない事になっているので問題はない」

と無茶理論を主張。
秀家に進言していた家臣は今回初登場の明石掃部全登。そういえばこの人は秀家の重臣だった。
大坂の陣の活躍の印象が強い。「風神の門」のダンディな明石掃部はカッコ良かったなぁ。

秀吉の死が公表され秀頼が大阪城に入った。後見役の利家の病みっぷりが痛々しい。
清正が家康の娘を妻に迎えると知り三成は激怒、仲間と迎合して家康を追い落とそうと画策するが形部と信繁は三成のあせりに不安を覚える。
四大老及び五奉行は家康と協議の場で対決するが家康は諸侯を圧倒、三成と景勝も軽く捻られ侮辱されてしまう。
景勝は交渉事は全然駄目だな。こればかりは兼続に代わってもらうわけにも行かんし。今回家康に愚弄されたことが後の上杉征伐に繋がるわけね。

三成は再び家康の抹殺を決意する。

今回はようやく話が動き出した感あり。面白かったぞ。
未登場だった諸侯もまとめて出てきたしね。
家康は今まで内気な良い人風に描かれていたので突然の変身にちと戸惑う。史実通りとも言えるけど。





この記事へのコメント