「真田丸 第33話 「動乱」」感想 一触即発





大河ドラマ 「真田丸」第33話感想。

武力による家康排除を決めた三成は秀家、秀秋に襲撃計画を打ち明ける。
実行部隊は三成の手勢のみで行い、決行は今夜。急ぎ過ぎだ。
島左近がようやく登場。いかにも武辺者っぽくてイメージぴったり。
今回は顔見世程度で三成との絡みもないけど。
おいらはテレビドラマ「関ヶ原」の三船敏郎の左近が一番好きだ。

信繁は石田屋敷で板部岡江雪斎と再会する。
北条滅亡後は秀秋の元に身を寄せていたそうな。
しかし実際は徳川のスパイで襲撃計画は江雪斎経由で本多正信にダダ漏れであった。あーあ。

襲撃計画を知った家康は

「まだ死にたくない。江戸に帰るぞ」

と即断(笑)
素直というか臆病というか。
正信は襲撃計画を逆に利用することを提案。
徳川屋敷を守るよう諸大名に呼びかけて忠誠度を図る算段である。
さすが悪知恵爺さん、頭が回る。人気投票・選挙をやるわけですな。

徳川屋敷で戦備えが進んでいる事により計画の露見を悟った石田側は対応を協議。
秀家は即攻撃を提案するが信繁は襲撃を中止すべきと主張。
三成は秀頼、毛利、上杉を動かして外堀を埋める策を決める。
後の成り行きを考えると秀家の強攻策は妥当だったかも。
鎌倉時代は軍勢同士の戦を避けて屋敷襲撃でケリをつけるケースが結構有ったな。

上杉への使者に立った信繁は直江兼続に協力を懇願するが反応は冷淡であった。

「上杉、毛利、宇喜多の三家が揃えば徳川と互角」

という信繁の言葉も兼続を動かすことは出来ず。

真田家の対応は信幸は徳川の婿故徳川方に、昌幸は家康に刺客を放った直後故徳川にはつかないと決める。
信繁は治部についているので、信幸は兄弟で殺しあう事態になることを恐れる。

寧に呼び出された信繁と秀秋は争いをやめるよう叱責される。
加藤清正と福島正則も寧に「徳川様を守り戦はしないように」忠告されたとか。
武断派の清正達が三成に味方するべきか迷うという展開は珍しい。史実では唐入り以降三成のことを激しく憎んでたもんね。
「きり」は信繁に「石田様は意地で引っ込みがつかなくなっている」と指摘。なかなか鋭い。たまにはマトモな事を言うな。

秀頼を担ぐという三成の計画は前田利家に拒否されあえなく頓挫。
茶々は何も知らされず蚊帳の外なり。

徳川屋敷に集結した大名たちは血気盛ん、やる気十分。伊達政宗は正信にせっせとご機嫌取りの胡麻をする。
しかし政宗役の役者さんの演技は微妙だナ。
徳川屋敷に居た清正は三成の屋敷を訪ねて調停を試みるが三成は拒絶。
本作の清正は良い奴だ。かえって三成の頑なさが目立つ。
同士である秀家と秀秋も三成の横柄な態度に不快なものを感じる。
三成は細川忠興を味方に引き入れようとするが、三成の非礼な振舞に激怒、徳川方についてしまう。とほほ。

信繁は昌幸に「徳川につく」よう頼む。
昌幸まで徳川についてしまえば流石に三成もあきらめるだろうという考えからの策である。
しかも三成が最後の頼みとした形部までが家康についてしまい三成は絶望。
戦を止めたいがための形部の決意も三成には通じず。
すでに形部の目は殆ど見えないらしい。
家康は集結した大名たちをねぎらうが、その場に昌幸が颯爽と登場。軍議を主導する。
清正は小身の昌幸の先導に異を唱えるが政宗と忠興は了承。人を見る目があるな。

真田・大谷の旗が徳川の屋敷に立ち三成はもはや勝ち目がないことを知る。
かくなる上はと斬死を決めた三成の前に景勝が現れ、

「今はこらえて時を待て。いずれ必ず家康を倒す」

と説得。三成は兵を引くのであった。

家康は自分の言葉一つで豊臣恩顧の大名を動かせる己の力に驚く。
今度の一件は家康の野心を煽るための正信の計略であった。
粋な計らいですな。

今回はギャグ要素なし、ピリピリとした緊迫感があって良作でござった。
本作ならではの新解釈が所々見えるのも楽しい。
三成を気遣う清正や三成に協力的な秀秋が新鮮。
島左近の登場も嬉しかったぞ。
浅野幸長、藤堂高虎、黒田長政、湯浅五助も出ていたようだが、どの人かわからなかった(汗)




この記事へのコメント