「真田丸 第36話 「勝負」」感想 天下分け目





大河ドラマ 「真田丸」第36話感想。

西軍挙兵の知らせを聞いた家康は動揺、久しぶりに爪をカミカミ。
三成や秀家の決起は予想していたはずなので違和感のある描写だな。

徳川方についた信幸を家康・忠勝は歓迎。秀忠は大不満、疑惑の目を向ける。

大阪から帰還した信幸正室「いな」及び側室「こう」は夫が徳川方についた事を知ると昌幸に絶縁を宣言。城代として昌幸・信繁親子を追い払う。有名なエピソードだが話の運びが唐突。あんたらさっき帰ってきたばかりだろ。

昌幸は西軍首謀者である三成と形部に恩賞として甲斐・信濃の2ヶ国を要求し承知させる。大はしゃぎする昌幸が非常に危うい。危険な博打ゆえのハイリターンなのに浮かれてどうする。

昌幸は徳川陣営にいる信幸を通じて降伏を申し入れる。
「初陣なのでどう対応すれば良いかわからない」という秀忠の台詞はちょっと面白い。わからん事は素直に聞くのね。
そういえば秀忠は関ヶ原が初陣だったか。
当然ながら降伏の申し入れは詐略で時を稼ぐのが本当の目的である。激怒した秀忠は真田攻めを決定。

信幸は砥石城を攻めるが守備隊指揮官の信繁は適当に戦ってさっさと退却。天下の名城はアッサリ落ちたが真田軍の撤退は肉親同士の戦いを避けるための信繁の計略だった。

小競り合いを続けているうちに昌幸の待っていた雨期がやってきた。この機に乗じて秀忠の首をとるべく信繁は奇襲をかけるが秀忠の本陣はもぬけの殻。家康の督促で秀忠軍は既に陣を引き払っていた。
秀忠は上田城攻略の失敗を悔しがり、補佐役の本多正信は戦を知らない若造のタワゴトにゲンナリ顔。

昌幸とその徒党は戦勝に湧くが、佐助がもたらした「西軍の関ヶ原敗戦」の報に呆然。大ピンチなり。

今回は出来がよろしくなかった。大いにガッカリした。
中盤の山場である関ヶ原なのに全然盛り上がらない・緊張感なし。天下大動乱の空気が全然出てない。
合戦シーンもお粗末で迫力ゼロ。昔の大河ドラマの戦闘描写のほうがずっと迫力があった。
真田軍記なので関ヶ原本戦の描写がオミットされちまうのは仕方ないにしても、秀忠惨敗の描写をカットしたのは理解不能。
正信の進言を無視して牧野康成らが突撃・真田軍の猛反撃で散々に叩き潰されるお約束の展開がないのは許せん。
第33話「動乱」は一触即発の緊張感があってハラハラしたが本作は直接的な戦闘場面は全然駄目だ。この分だと大坂の陣もヤバそう。

今回は高梨が活躍、久しぶりに小山田茂誠も登場。出浦は傷の養生中なのか登場せず。




この記事へのコメント