「真田丸 第37話 「信之」」感想 九度山配流





大河ドラマ 「真田丸」第37話感想。

西軍大敗後も徹底抗戦の構えを崩さなかった昌幸だが、徳川による大阪城占領・三成捕縛の報告が届き信繁は父に降伏するよう説得。信幸の調停工作に望みを託す。

真田は信幸・秀忠ルートを通じて徳川に降伏を申し入れるが戦後処理に忙しい家康は「真田親子の処分は後回し」と投槍な態度。
上田城攻めの不始末に関して秀忠が家康に弁明する描写がちょっとだけあった。
秀忠の関ヶ原への遅参を叱責するお約束の場面が無いのは気になった。何故省いたんだろ。

平野長泰が降伏勧告の使者として上田城へやってきた。無条件降伏に近い過酷な条件で真田親子の身柄の保証もなしだが受け入れるしか無い。
かっての同僚である信繁に上使として対応しなければならない長泰の心中も複雑らしい。長泰は信繁を表向き嫌っていたが、本心ではなかったのでしょうな。
賤ヶ岳七本槍の中で唯一大名になれなかった男として有名(?)な長泰だが、大阪の陣では豊臣方につこうとして家康に直訴するも叶わず、処分されることもなく幕府の旗本として天寿をまっとうしたそうな。面白い男である。また出番は有るだろうか。

真田の改易を嘆く茂誠に義弟の信繁は

「これからは兄の信幸によって真田は続いていく」

と励ます。
茂誠役の高木渉は演技が上手い。映像作品への出演は初めてとはいえ声の仕事と舞台で鍛えられているもんね。
現在放送中のアニメ「ジョジョの奇妙な冒険」で虹村億泰を演じているので、戦国武将とスタンド使いの2種類の高木キャラが同時に楽しめる。高城氏の仕事は個人的に「GTO」の鬼塚先生の声が一番印象深い。

信幸による真田親子の助命嘆願は家康・秀忠に拒絶されるが、信幸の姑である本多忠勝の強硬な物言いに家康も折れて了承。かろうじて首がつながる。
忠勝の「殿に逆らったのは生まれて初めて」という台詞がイイ。
家康は信幸に

「父と縁を切れ。父から受け継いだ信幸の「幸」の字を捨てよ」

と命じる。意地が悪いな。信幸は以後「信之」と名乗る。改名イベント発生でござるな。字は変えても読み方は同じというのがせめてもの反抗。

上田城に信之が来訪。父と弟に助命嘆願の成功と高野山麓の九度山への配流処分を告げる。
家臣の大半はそのまま上田に残り新領主になる信之に仕えることに。
久しぶりに登場した出浦も療養中ゆえ上田に残った。
配流先への出立の場面はドラマ「家康が最も恐れた男 真田幸村」の方が良かったな。
昌幸の有名な台詞

「家康こそをこのような目にあわせてやりたかった」

が本作では無かったが、すぐにその理由がわかる。
真田親子は大阪城で家康と対面。
家康は昌幸に

「死ぬより辛い生き地獄を味あわせてやる。死ぬまで九度山からは出られんぞ」

と告げる。
野心家の博打打ち・合戦好きの昌幸にとって配流地で朽ち果てていくのは耐え難いことだわな。
史実通りとはいえ家康は急に嫌な奴になった。権力の頂点に立つとこんなもんかな。

信繁は大阪城で且元、寧、秀秋と再会。
秀秋は関ヶ原の裏切りの罪の意識に悩まされ、2年後に急死する。
秀秋が見た幻影の中に居た侍の一人はたぶん毛利勝永だと思う。

年明けの雪が降りしきる中、昌幸・信繁は配流先である九度山村にたどり着く。
新しい暮らしの始まりは苦難の日々の始まりを意味していた。

今回も構成のまずさが目立った。
期待していた関ヶ原のフォロー描写はほぼ皆無。
物語中盤の主役だった三成は台詞のひとつもなしで首をはねられて退場。酷い。島左近など何のために出てきたのかわからん。
形部は切腹の描写のみあったけど、やはり雑な扱い。
秀秋は秀吉への反感や家康への傾倒のエピソードが本作では全然描かれてないので裏切りと言われても唐突過ぎてわけがわからない。
「有名な史実なんだから端折っても良いだろ」という考えなのか。
豊臣方の中軸になって動くという珍しい秀秋像が面白かったのにもったいない。

関ヶ原編のストーリー展開は「真田太平記」のほうがずっと丁寧で説得力があった。
秀吉編の無駄に長い尺やギャグの過剰投入などで必要な描写が削られて構成が歪んでしまった気がする。

次回予告は興味深かった。登場人物がいきなり皆老け込んでいた。昌幸の寿命もヤバそう。
九度山編はコンパクトにまとめるのかな。

オープニングクレジットで木之元亮の名前を見つけてドビックリ。
「太陽にほえろ!」のロッキー刑事だ。子供の頃大好きだったんよ。
しかし何処に出てたのかわからず。調べてみたら九度山村の村長役だった。
ラストで信繁たちをジーっと見てた御仁だな。声に特徴があるので台詞があれば識別できたのだが。




この記事へのコメント