「真田丸 第41話 「入城」」感想 さらば九度山





大河ドラマ 「真田丸」第41話感想。

今回はオープニングクレジットがどうなるか注目していた。
堺雅人の役名は「真田信繁(幸村)」でした。幸村(信繁)の方が良かったのでは。
九度山編はクレジットがスカスカだったが今回は準レギュラー・新キャラが集結して賑やかになっていた。
クレジットのラストは家康役の内野聖陽、そのひとつ前は哀川翔であった。
俳優の格を考えると最後から2番めの配置になるか。映画スターだもんね。

開戦間近の大阪城に浪人衆が集結。
元黒田家家臣後藤又兵衛(哀川翔)もやってきた。
本作の又兵衛は粗暴で傍若無人な雰囲気。礼儀知らずだ。
哀川翔も随分横幅が広くなったな。甲高い声は相変わらずだ。
受付窓口担当が今回初登場の木村重成(白石隼也)。
若輩とはいえ秀頼の信任が厚い直臣であるぞ。窓口事務員はやらないと思うのだが。
腰の低い控えめな人だったという話だけどね。

毛利勝永(岡本健一)も入城。ワイルドでハンサムだけどちょっとイメージと違うかな。
信繁同様に理知的でしっかりした人物だと思うのだが本作では猪武者っぽい。
予告で又兵衛と取っ組み合いをしてるし。
史実の勝永は大阪城の武将では数少ない豊臣譜代の家臣で自然と優遇され、信繁の信頼も厚かったそうだ。

家康は大阪城の浪人共を「烏合の衆」と一蹴。

「秀頼も一大名として生きる道があったのに」

という言葉は本音でしょう。豊臣は一応主筋だからそれを滅ぼすのは外聞が悪い。
真田の動向は気になる模様。だいぶ耄碌が進んで信繁の名前も思い出せんらしい。歳はとりたくないな。

病床の信之の元に信繁の娘「すえ」と婚約者の十蔵が挨拶に来た。
十蔵役の加藤諒は物凄い変顔でインパクトありすぎ。殺人ピエロみたいだ。話に集中できん。
十蔵という名は真田十勇士の筧十蔵から取ったのだろうか。

信之の後継問題には違和感あり。歳が同じな腹違いの兄弟でも普通は正室の息子が嫡男になるはず。
正室の息子信政をさしおいて側室の子である信吉を跡取りにしたのはフィクションだろうか。
どのみち信吉は早死にしてしまうし、信之は物凄く長命で家督をなかなか譲らなかったので信政が藩主になったのはジジイになってからだ。
信之の倅のどちらかは高畑淳子の例の息子が演る予定だった。下手すると本作も押尾学出演ドラマみたいに封印作品になっていたかも。くわばらくわばら。

信繁は長兵衛の館で宴会を開く。
村民の

「太閤殿下の頃は世の中に活気があった」

という台詞が印象深い。
豊臣政権は悪政をしいたイメージがあるが実際のところ民衆から見てどうだったのか。
風神の門」でも堺の商人が同じことを言っていた。
徳川の世は争いの元になる競争と発展を禁じた息苦しい貧しい社会という認識だし。

信繁の九度山脱出は大した困難もなくアッサリ成功。もうちょっと展開を工夫してほしかったな。
九度山村長のロッキー刑事も結局あまり出番がなくて残念。九度山の自然を守るために殉職するべきだった。

入城を目前にした信繁一行に服部半蔵が襲いかかるが佐助の活躍により撃退。
追い詰められた半蔵の秘策は「逃げる」であった。
ジョセフ・ジョースターかよ。
徒党を連れずに単身乗り込んでくるのも間抜けだ。

信繁がついに大阪城にやってきた。
やつれた信繁の姿に諸将は失望ぎみ。
しかし老人姿の変装を解き礼装した信繁は凛々しい侍に。
居並ぶ諸将もその姿・威圧感に感嘆するのであった。
いやー、かっこいいなぁ。正装は関ヶ原以来やな。
史実では入城の際、ホームレスに間違えられるぐらい酷い姿だったそうな。変装だったのかは不明。
姿勢を崩した状態で雑然と座っている諸将たちも好ましい。映画「真田幸村の謀略」にも似た場面があった。

信繁の入城に秀頼と大野治長は大喜び。
治長は

「10万の兵を存分にお使いくだされ」

と歓迎。治長はいつも信繁の足を引っ張る役回りなので油断はできんが。
「風神の門」の治長も最初は友好的だったがロクな事をしなかったもんね。

今回は脱出と入城編。盛り上がりには欠けたが武者姿がよろしかったのでOK。
小説「徳川家康」に松倉豊後守が信繁の大阪入城を止めるよう説得に来る場面があって、自分のお気に入りなのだが本作にはなかった。
山岡荘八の創作だったのかな。




この記事へのコメント