「真田丸 第43話 「軍議」」感想 治長、男を見せる





大河ドラマ 「真田丸」第43話感想。

家康は大阪城から追い出された片桐且元を慇懃にもてなす。
もちろん下心ありまくり。家康の誘導尋問にのせられて且元は大阪方の弱点である兵糧不足の実情を喋ってしまう。
家康の離間策で城から追い出された事を忘れてるんか。
兵糧不足に悩まされていたのは史実では徳川の方なんだけどね。

淀殿は信繁に「秀頼を危ない目に合わせないように」と念を押す。
戦は命を危険にさらすものなのに過保護ママの愚劣極まれリ。
信繁は淀に余計な口出しをしないよう釘を刺すべきだった。この戦の天才は女の扱いは下手だったな。そういえば。

軍議は籠城案一色であったが信繁は出撃を主張。
援軍がないのに籠城しても無意味だわ。
「援軍なき籠城は自殺と同じ」という台詞がドラマ「白虎隊」にあったな。
信繁は作戦を聞く気がないなら城から退去する恫喝、ハッタリ全開な振舞である。だんだん父親と似てきたな。
信繁が説く大戦略に賛同するのは毛利勝永のみであった。
小休止の間に信繁は諸将に心中を尋ねる。明石掃部と長宗我部盛親は戦後の恩賞の代わりに籠城案に賛同するよう根回しを受けていたのだった。
信繁の説得の結果、明石と盛親、木村重成も出撃案に賛同。
だが後藤又兵衛はあくまでも籠城を主張する。
信繁の非難に又兵衛は初めて本音を吐く。

「俺たちは日ノ本中を敵に回している。勝ち目はない」

又兵衛は最初から死に場所を求めて入城したのだった。一番正しく現状を認識しているのは又兵衛だな。
結局又兵衛も信繁の必勝の信念に心を動かされ出撃案に同意する。

だが有楽は諸将の軍議を無視して籠城案を通そうと画策。

「金で雇われた浪人衆は黙って我々に従っていれば良い」

という有楽の本音に又兵衛は激怒するが、意外な人物が諸将に加勢する。大野治長であった。

「豊臣を守るために集った客人に非礼は許せん。決議は秀頼公が決める」

秀頼は出撃を決定。しかし淀の横槍で出撃策はあっさり覆され籠城が決まってしまう。
治長は信繁に事の次第を謝罪する。

今回は治長の侠気が印象的だった。治長株爆上げ。
大阪の陣では脚を引っ張る役どころが定番の治長が本作では有能な官僚にして信繁の支持者というのは新解釈でグッド。
本作の悪役は淀と大蔵卿局らしい。
又兵衛と勝永もようやくわだかまりを捨てて信繁と手を組んだ。良かった良かった。

淀の妹の「初(はいだしょうこ)」が初登場。この人も作品によって評価が変わるお方。腹に一物ありそうだ。

次回でついに「真田丸」が出て来る。CG製作だがなかなかカッコイイぞ。





この記事へのコメント