「真田丸 第44話 「築城」」感想 幸村の城





大河ドラマ 「真田丸」第44話感想。

今回はオープニング無しでスタート。
おや珍しいと思ったらOP映像はラストに回されていた。
斬新な演出だと話題になっているがTVアニメでよく使われるている構成でやんす。
効果音が追加されていたが映像をそのまま使い回しているのは片手落ちだナ。新規映像にクレジットを載せたほうが良いかと。

淀殿の横槍により軍議の結果を無視して籠城策が決定。浪人衆諸侯は大不満。
大阪方の籠城の報告を受けた家康は

「これで勝ったの」

と一言。当然ですな。
信繁は籠城策で勝つには大阪城の南方に出城を築くべきと判断。
大野治長に承認を求めに行くが、治長は又兵衛から同じ申請を受けているので両者で話し合ってくれと答える。
信繁と又兵衛は厨で酒を飲み交わしながら会談。信繁の説得により又兵衛は出城の担当を信繁に譲るのだった。
厨房の台所頭である大角与左衛門は信繁に

「あんたは戻ってくると思っていた」

と歓迎。与左衛門役は名脇役樋浦勉。太陽にほえろ!で何度も犯人役をやってたな。
声優の仕事のほうが有名かも。氏のブルース・ウィリスの吹替は本人より軽快な名調子でオイラは好きだ。
「バタリアン」「要塞警察」「エイリアン」などでもイイ仕事をしておられる。

秀頼は信繁の立てた布陣案に感心するが浪人衆を嫌う有楽斎や大蔵卿局が例によって反対。
要所には直臣を置き浪人衆は隅に追いやるように主張。
治長は信繁達に謝罪するが毛利勝永や又兵衛、盛親たちは激怒し城を出ると言い出す。
お怒りはごもっともですね。
淀殿は信繁の進言にも耳を貸さず。大阪の陣を扱った軍記物の定番通り悪役ポジションを担当する模様。
本作は治長が善玉キャラクターなので自然とこうなるか。
治長は信繁に

「腹はくくった。戦をするのはそちらだ。思うようにされよ」

と告げる。良いやつだなぁ。

治長の後ろ盾を得て上層部の決定に反し信繁は出城の築城を開始。
ついでに赤色兵装を注文。
しかし有楽が工事を中止するよう警告。
有楽の妨害に治長も打つ手がなく信繁は苦悩、又兵衛達は城からの退去に信繁を誘う。
そんな時、築城現場に秀頼がやってきた。
秀頼の

「この出城を仕上げよ。私が許す。そなたたちを信じている」

の言葉に又兵衛たちも退城を撤回、工事は無事に完了した。
秀頼の後ろに治長が居た。取りなしてくれたんだな。イイ奴だ。

信繁は佐助の偵察報告により上杉景勝が参戦していることを知る。
徳川陣営にいる景勝と兼続は怨敵の手伝い戦に駆り出され憂鬱な表情。
臨席している伊達政宗は家康へのゴマすりに余念がない。

籠城戦が始まった。
戦経験のない木村重成は信繁達浪人衆の側で実戦を学ぶつもりらしい。

「なんでついてくるんだよぉ」

という又兵衛の台詞が愉快。
治長の弟の治房は極端に無愛想で信繁の問いかけに返事もしない。
治房が映像作品に出るのは珍しい。本作での人物像は今のところ不明。
重成は悪い男ではないと言ってるけど。
大阪夏の陣ではよく戦った猛将として知られている。
塙団右衛門は大助に名刺を差出す。宣伝活動が大好きなやつだ。
寄せ集めの兵で幕府に勝てるかと又兵衛は信繁に問う。信繁は

「城の兵たちは関ヶ原で苦汁を舐めた者たち。攻め手はろくに戦を知らん連中だ。勝てる」

と断言。
家康は城攻めのやり方もろくに知らない兵たちに身をもって戦法を教える。
生涯現役が旗印の爺さんですな。秀忠は年寄りの冷や水に呆れ顔。

ついに「真田丸」が姿を表した。

「ようやくこれで城持ちになった」

感無量。とうとうここまで来たか。
CG製作だがなかなか良いぞ。六文銭の旗が上がるシーンは涙モノ。
「真田の赤備え」もグーですぞ。

「城の名前は真田丸よ」

という信繁の台詞で今回は〆。




この記事へのコメント