「真田丸 第45話 「完封」」感想 真田丸の戦い





大河ドラマ 「真田丸」第45話感想。

今回は大阪城周囲の砦が陥落する場面からスタート。
大阪の陣を扱った作品で砦の描写があるのは珍しいかも。
結局徳川の大軍の前には戦略拠点として機能せず潰されちまうんだが。
本作ではカットされていたが大野治房は兄治長による砦放棄の命令に大不満、この時の悶着が後々まで尾を引くことになる。

信繁は砦陥落にも怯む事なく大阪城南から押し寄せる徳川軍主力を真田丸で迎え撃つ準備をする。
勝永は城にいる徳川の内通者の存在を信繁に警告、調査の結果裏切り者は織田有楽斎であった。まあ予想通りですな。

福島正則と平野長泰が信之を訪問。
二人は大阪城へ秘密裏に兵糧の搬入を計画、信之に協力を求めるが当然難色を示す。
正妻は計画に反対、側室は賛成するがさてどうなるか。
福島と平野がまた出てくるとは思わなかった。
平野は大阪方につこうとしたが幕府に阻止されたはず。
福島は秀頼に参陣を求められたが断っている。一族が入城してるけど本作には出てくるかな。

家康は守備力の高い「真田丸」と信繁の采配を警戒。
上杉景勝に攻撃を命じる。
家康もすっかり嫌な奴になったのう。今更言うのも何だが。老けメイクはちょっとやり過ぎでないか。

物見櫓から敵陣を眺める信繁と内記。
内記は徳川方にも赤備え部隊がいることに気がつく。

「あれは井伊直孝だ」

と信繁。夏の陣で大活躍した若き猛将ですな。
包囲軍の中には上杉の旗もひらめいていた。信繁の心中はいかばかりか。
真田信吉・信政兄弟も上杉に従って城攻めに加わるよう命じられた。
一族同士の殺し合いを避けたい小山田茂誠と矢沢頼幸は佐助を通じて信繁と連絡を取る。
信繁は上杉勢が来る前に先手を打って前田勢を挑発し叩く作戦を立案。

真田丸での攻防戦が始まった。
前田勢が城壁に攻めかかるが信繁の采配に翻弄されて惨敗。
退却を始めた攻め手に城から打って出た真田隊が追撃、撃破。真田軍の大勝利であった。
景勝は信繁の奮戦に感極まり

「日本一の強者。左衛門佐」

叫ぶのだった。

「最後の戦国武将」と呼ばれた信繁も大阪の陣まではほぼ無名の存在で、この戦いで一躍名が知れ渡った。
本作は戦の描写が全然駄目だったのだが今回は頑張ったな。
ロケとCGの組み合わせでなかなか迫力があった。もう少し兵の頭数が多ければなお良かったんだけど。
信繁の槍が有名な「十文字」だったのも嬉しい。
又兵衛、重成、盛親、勝永にも見せ場があった。何故か明石掃部がいなかったが配置場所が別だったのかね。

今回は信繁の武者振りを観戦できて満足なり。
次回は久しぶりに出浦が登場する模様。




この記事へのコメント