「真田丸 第46話 「砲弾」」感想 団右衛門の夜討ち





大河ドラマ 「真田丸」第46話感想。

真田丸攻撃失敗に苛立つ家康は、例によって悪知恵で状況を打開しようと策を巡らせる。
信繁は勝ちを急ぐ秀頼を諌める。

常高院(初)は姉の茶々の身を案じ信繁に姉を守ってくれと頼む。
本作の初は善良な人柄みたいだな。彼女は戦国きってのやり手の女性で評価が別れる人物だが。
茶々・初と江(浅井三姉妹の末妹で秀忠夫人)との関わりは描かれてないな。そういえば。千姫も出てないし。省かれたのかしら。
ドラマ「家康が最も恐れた男 真田幸村」では浅井姉妹の苦悩は上手く処理されてたんだけど。

信之は「一生に一度くらい馬鹿なことをやってみたい」と平野長泰の豊臣支援計画に乗るつもりであったが久しぶりに登場した出浦に阻止されてしまう。
出浦さんは史実では長生きして天寿を全うしたらしい。昌幸同様に信之にもタメ口を聞くのが良いな。

家康は真田信尹に信繁の調略を命じる。
信尹が久しぶりに登場。大分老けたな。
家康の提示した返り忠の報酬は10万石だが、信繁が裏切るはずがないことを良く知っている信尹は信繁と談笑しただけで引き上げる。
信繁は家康の書状を破くが、封を切らずに書状を主に渡すのが正しい対応ですぞ。
信尹の勧誘工作は有名だが時期は何時だったか。和議が成立した後だったような気もするんだが。
離間策も兼ねているはずなのでその辺の描写がないのは物足りない。

秀頼は有楽や大蔵卿局の圧力で和議案に傾く。
大野治長に助力を求められた信繁は茶々を説得して秀頼を動かそうとする。
茶々を使うなんて大変な悪手だなー。
茶々は

「秀頼と一緒に暮らせるなら城を出て国替えに応じてもかまわない」

と放言。信繁を唖然とさせる。事の成り行きを考えるとありえない発言だが、本作の茶々は愚物というより「精神異常者」的人物になってるからな。他作との差別化をはかったのか。
茶々は秀頼に和議はならぬと叱責、秀頼を憤慨させる。秀頼は信繁の言葉に疑念を向けるが信繁は

「自分は勝つためなら何でもやる」

と抗弁。
相変わらず信繁は女の扱いが全然駄目だ。秀頼が怒るのも無理はない。
治長も自分の母親を何とかするべきだナ。

塙団右衛門は上の了承なしに夜討ちの敢行を決意。
籠城に飽きていた又兵衛と勝永は重成も誘い団右衛門の夜討ちに加担すると言い出す。
本作の勝永は猪武者っぽくて「信繁に匹敵する名将」イメージではないのが痛い。
明石掃部は「今夜はミサがあるので戦には出ない」とくる。いくらなんでもそりゃないだろ。
「風神の門」の明石殿はダンディで格好良かったぞ。
長宗我部盛親は事の次第を信繁に報告。浪人諸侯では盛親が一番マトモだな。

結局信繁も夜討ちに加わり、団右衛門は名刺を戦場でバラ撒きまくって自己顕示欲を大いに満足させる。
信繁の鎧が「赤」ではなく夜戦用の「黒」になっている辺り芸が細かい。
戦闘描写は本作定例のショボい規模に収まっておりトホホである。前回の予算超過合戦シーンが恋しい。

徳川の本陣にエゲレス製大筒が届いた。
包囲軍に参加していた片桐且元は性懲りもなく家康に騙され茶々の居住場所を教えてしまう。
本作お約束の繰り返しギャグだな。笑い事じゃないんだけど。

ブチ込まれた砲弾により茶々の侍女が圧死。茶々は目前の惨状に我を失い…。

今回は中継ぎ回だった。次回は鬱回であるぞ。
真田丸はもう取り壊しだ。無残なり。




この記事へのコメント