「真田丸 第47話 「反撃」」感想 裸の城






大河ドラマ 「真田丸」第47話感想。

露骨に大阪城の中枢を狙った砲撃に片桐且元は大ショック。
家康に抗議するが相手にされず。泣き崩れる且元の姿に「彼は半年後に急死する」と無情なナレーションが。
且元もナレ死ですか。夏の陣でも結構出番があるのに何でまた。

大筒の脅しで茶々はあっさり和睦に方向転換。
信繁は当然大反対だがどうにもならない。
浪人衆も当然憤慨。団右衛門たちは会合で憤懣をぶちまける。
団右衛門はいかなる時も名刺をいじっているな。
又兵衛は浪人衆たちに「俺に任せとけ」と安請け合い。いいのかなぁ。

木村重成と大野治房は信繁に今後の展望を相談。
治房は徹底抗戦を主張。重成曰く

「治房殿は自ら敵陣に斬り込むだけあって家中では最も浪人たちに近い立場」

との事。
治房が主戦派だったのは事実だが、浪人衆とは折合いが悪かったとか。
逆に勝永と親しかったとも言われている。どちらが正しいのかは不明。

大阪城首脳による和議条件の会議は紛糾。
浪人の処遇と大阪側の譲歩が問題になる。
有楽が述べる茶々の人質案・秀頼の国替え案は且元の調停策とまんま同じ。
最初から政治的決着を図っていれば無駄な戦は避けられたのに。

勝永は信繁のに不信の目を向け非難する。勝永は人格者のイメージなので個人的にはこんな役回りはしてほしくないなー。
盛親や明石掃部もワガママが通らず駄々をこねる子供みたいでイヤンな感じ。

信之はお通の元でくつろいでいたが、本妻「いな」と側室「こう」の襲撃を受ける。
浮気現場を抑えられ、お通には手のひら返しの対応をされ信之の面子は丸潰れ。
仮にも大名の正室がこんな下世話なことはしないと思うのだが。このような描写が必要なのか。

和議交渉は女性陣によって行われることになり大阪方は「はつ」、徳川は阿茶局が代表に。
本作のはつ(常高院)は根っからの善人で政治に疎い設定なので交渉役には不向きかと。
はつ役のはいだしょうこはアニメ声やね。インパクト大。
阿茶局は対象的に腹黒さが際立つ。スケバン刑事もすっかり悪辣な婆さんになったもんだ。
信繁の肝いりで交渉の掻き回し役として派遣された「きり」は奇矯な振舞で会議を混乱させる。
結局和議は豊臣の意向の大部分を受け入れる形で締結。
本作では「大阪城の堀の埋め立てと真田丸の破却は別条項」という設定らしい。
堀の埋め立てというふざけた条件を大阪方が呑んだのは歴史の謎だ。

「浪人衆のお咎めはなし」
「豊臣の加増願いは却下」

という条項は65万石の豊臣の知行では10万を超える浪人衆は養えず早晩破綻することを意味している。
山岡荘八の小説「徳川家康」では幸村が和議が締結されたその日の夜に家康の本陣への奇襲を計画するエピソードがある。
本作にも入れてほしかったが流石に無理か。

速攻で徳川による真田丸の解体が始まり信繁は愕然。
愚かな条件を受け入れた大蔵卿局を責めるがもはや手遅れ。
堀がなくなれば浪人たちも抵抗を諦めるという意見には一理あるけど。これでは戦にならんと退城した連中もかなりいたらしい。
治長は母の振舞に激怒するが有楽は「これでよかったのだ」と一言。元々やっこさんは恭順派だしな。

信繁は絶望的状況を浪人衆に説き、城から去るように勧告する。
浪人たちはガッカリ打ちひしがれるが又兵衛のみ戦意旺盛、彼の掛け声により信繁のもとに集結。
もう一度戦おうと気勢を上げる浪人衆達。
されに秀頼が訪れ信繁を励ます。信繁は再び戦いの決意をするのだった。


今回は初めて浪人衆がひとつに結束した描写が良かった。

「おおのはるふさがなかまになった!」

のもよろしいぞ。
しかし三谷脚本名物のお寒いギャグはキツかった。
信之の浮気発覚と「きり」のおふざけは完全に蛇足で不要としか思えない。




この記事へのコメント