「真田丸 第48話 「引鉄」」感想 追いつめられて






大河ドラマ 「真田丸」第48話感想。

城の堀も埋められ追いつめられた大阪方はテロ的やり方で反撃に出た。
又兵衛達は家康の陣所に夜襲をかけ、佐助は家康の暗殺を試みる。
佐助は家康の首を取ったかに見えたが、討たれた家康は影武者であった。

やっつけたと思ったら「影の者」だったという展開はお約束ですな。
「家康が最も恐れた男 真田幸村」、「風神の門」、「暗殺剣」にも同様の描写があった。
実際は堀の埋め立てが終わる前に家康は関東に引き上げているので、この時期の暗殺は無理なり。
織田有楽斎は内通の現場を信繁に押さえられて城から追い出される。彼もナレ死退場でで今後は登場しない模様。
佐助は「きり」に結婚を申し込み即断られた。悲しぃ。

信繁は岡山・茶臼山に砦を築き、さらに長大な空堀を設置して徳川を迎え撃つ案を献策。
工事が終わるまで交渉で時間を稼ごうとする。
信繁の説得により秀頼は四国に移る決心をし茶々も同意した。
物分りの良い茶々は珍しいが、戦に勝った後に移封交渉に入るという考えは不味かったな。
現段階で国替えに応じても遅いか。
信繁は土佐への帰還を夢見ている盛親に

「秀頼様が四国への国替えを望んでおられる。他の国では駄目か」

と問う。
盛親は

「元から本気で土佐に戻れるとは思ってなかった。領地をくれるなら淡路島を」

と答える。盛親は本当にイイ奴だなー。

千姫が初登場。彼女は信繁に「江戸に帰りたい」と本音を漏らす。
普通は秀頼に忠実な正室と描かれることが多いので、このような性格付けは珍しい。

休戦中に信繁は小山田茂誠、矢沢三十郎の陣を訪ねる。
野戦の経験に乏しい信繁は茂誠に戦い方の助言を求め、茂誠は「鉄砲が有効」と答える。
この時期の一族対面は史実にあったかな。
信繁が休戦時に姉に宛てた手紙は有名。決死の覚悟と控えめな人柄を思わせる文面には心を打たれる。

大野治房の不始末が原因で浪人たちに追加手当を払う羽目になるが、これが原因で事態が悪化。
浪人衆が金を使って武器を買い集めた事が徳川側の攻撃の口実になってしまう。
さらに治房が兄の治長を襲撃、大怪我を追わせた上又兵衛や勝永の制止を無視し堀を掘り返し始める。
防御線を構築してから戦をするという信繁の考えは虚しく潰えるのだった。
家康は寿命があるうちに何が何でも大阪を潰すつもりだったので半端な恭順策は意味が無いような。
治房が揉め事を起こしたのは史実通りだが、本作では今まで割と良い人に描かれてたので混乱するなぁ。
団右衛門は大馬鹿な振舞をしてたが、案外実像に近いかもね。

利休が隠匿していた馬上筒(短銃)を見つけた信繁は勝永に運用方法を教えてもらう。
こいつで家康を仕留めるつもりらしい。
射撃練習をする信繁の目はいつになく厳しいものであった。

次回からついに大阪夏の陣が始まる。
伊達政宗が久しぶりに登場。
信繁の有名な台詞

「関東勢に男は一人もおらぬのか」

が聞けるぞ。




この記事へのコメント