「真田丸 第49話 「前夜」」感想 大阪夏の陣





大河ドラマ 「真田丸」第49話感想。

大阪夏の陣開戦間近。
信之は戦での斬死を決めている信繁を救うため大阪入を決意。
正妻「いな」の進言通り真田の家紋を一切帯びない非公式の出立である。
どうでもよいことだが「いな」役の吉田羊は歯並びが悪い。
HD画質のアップだとモロに見えちまう。女優さんには辛い時代だ。

大阪陣営の軍議で信繁は再び先手を取る出撃策を唱えるが、結局又兵衛達の立案した迎撃策が採用された。
大蔵卿局の愚劣ぶりが相変わらず酷い。いい加減協議の席から追い出すべきだが本作では治長が善玉なので代わりに「足を引っ張る」役担当として必要なんだろうな。

大阪夏の陣が始まった。
緒戦で名刺男こと塙団右衛門が呆気なく戦死。史実でもほとんど犬死だったからな。しゃあなし。

信繁を調略するため徳川は再度信尹を使者に送る。一行の中には従者として加わった信之の姿があった。
義直の陣で信之は平野長泰に再会。豊臣支援の件で平野に誠意を踏みにじられた信之は食って掛かるが平野はヘラヘラ顔で逃亡。
これでは平野は只の卑劣漢ではないか。こんな描写が必要だったのか。
室賀正武の息子、室賀久太夫の登場も唐突で蛇足っぽい。
室賀久太夫は尾張徳川家に使えて大阪の陣にも参戦したそうな。父ちゃんは無念の最後だったが倅の方は出世したらしい。良かったね。

信繁は信尹の勧誘工作を当然拒否。信之の説得にも応じず。
この会談が今生の別れになることを恐れた信之は信繁の勧める酒を断り席を立つのであった。

家康は上杉景勝と酒を酌み交わす。
景勝は家康に

「大義のない戦に後ろめたさを感じてるのでは」

と問いかけ、家康は抗弁せず話を打ち切る。
珍しい組み合わせですな。昌幸も氏政も死んで残っているのは我々だけだという台詞が良い。

道明寺の戦いの前夜。
信繁・又兵衛・勝永は酒の席で徳川の勧誘策の件を話す。
信繁は信州40万石、又兵衛は播磨35万石で誘われたが勝永は

「俺には声がかからなかった」

とボヤく。
信繁と又兵衛への勧誘工作は事実だが勝永への工作は聞いたことが無いな。そういえば。
勝永は一応豊臣譜代なので勧誘されなかったのでは。
木村重成が又兵衛へ今までの温かい対応の礼を言うため訪ねてくるが、又兵衛は「死亡フラグを立てる言動はよせ」とたしなめる。
重成の兜の香の話は有名ですな。

又兵衛は伊達軍、重成は徳川本軍と激突し討ち死に。
しかし重成を破ったのは若き勇将井伊直孝の部隊のはずだが。
長宗我部盛親は撤退するが敵前逃亡のような描き方はひっかかる。次の激戦でも活躍してるから。

敗戦の原因は徳川に作戦を事前に察知されていたためだった。
信繁は有楽以外にも間者がいることに気がつく。
信繁達大阪五人衆に密着していた男、大角与左衛門こそが内通者であった。
忘れてたが大阪城落城の際、城に火をかけたのはコイツだったな。放火犯め。本当に徳川のスパイだったのかな。

真田軍と伊達軍が激突。
史実では凄まじい戦いだったそうだが本作の映像は迫力無し。
信繁だけが槍を振るい足軽が後ろで突っ立っているのは違和感全開。
信繁は伊達勢の前で

「徳川兵に真の武士は一人もおらんのか」

と大見得を切り撤退。
帰城後に信繁は大助以外の妻子を伊達に託すことを決め、正室の「はる」に城を出て伊達を頼るよう命じる。
真田と伊達の重臣片倉小十郎が姻戚関係なのは知っていたが、このような事情があったとは知らなかった。
戦ったばかりの敵方の武将の家族を迎え入れるとは良い話じゃなー。
主である徳川にバレないよう色々苦労したらしい。

「きり」は信繁に「城に残り千姫が城から落ちる際、徳川に送り届けてくれ」と頼まれる。
腐れ縁の幼馴染である二人は、この夜初めて結ばれたのだった。

最終回直前なのに今ひとつ盛り上がらないのが残念。
軽い作風ゆえ登場人物がバタバタ倒れていくのに悲壮感が感じられない。
合戦シーンはやはり酷い。CGでなんとかできないのか。このままだと「真田丸の戦い」が本作唯一の戦の見せ場になりそう。

次はいよいよ最終回。
大久保彦左衛門と柳生宗矩の登場を期待してるのだが望み薄かな。




この記事へのコメント