格安8インチ中華タブレット「Teclast X80 Power」レビュー 価格性能比良し

X80power_001.jpg





「きみのため」様からタブレットX80 Powerを提供して頂いたのでレビューを。

本機はAndroidとWin10のデュアルブート対応型。
最近の中華タブの標準仕様ですな。
個人的にはWinタブの使い道を思いつかないのでAndroidオンリーの方が有難いけど。ストレージを圧迫するし。
スペックは以下の通り。

・デュアルOS  Windows10 + Android 5.1
・CPU  Intel Cherry Trail Z8300 64bit クアッドコア 1.44GHz(MAX1.84GHz)
・ディスプレイ  8インチIPS液晶(1920 x 1200
・メモリ2GB ストレージ32GB
・本体サイズ  21.10 x 12.34 x 0.72cm 重量:0.332kg
・microSDカード対応


■開封の儀
X80power_002.jpg

X80power_003.jpg

X80power_004.jpg

梱包は丁寧。
X80power_005.jpg

開封。
X80power_006.jpg

付属品。説明書2枚にUSBケーブル、OTGケーブル。OTGケーブルはキーボードやUSBメモリを接続できるので便利。
X80power_007.jpg

説明書は多国語。日本語も一応載ってるが情報量は少ない。
X80power_008.jpg

X80power_009.jpg

表面。
X80power_010.jpg

裏面。金属の質感がグッド。
X80power_011.jpg

白枠部分はプラスチッキーでやや安っぽい。
X80power_012.jpg

microSD挿入口。初期状態ではダミープラグが入ってます。
X80power_013.jpg

Kindle Fire HDX7(7インチ)と比較。
X80power_014.jpg

音量ボタンと電源ボタン。ボタンの位置は良し。
Kindleは電源ボタンが背面にあって「アスファルト8」をプレイ中に間違えてシャットダウンしてしまう事故が多発したのでありがたい。
両ボタン同時押しによるスクショもやりやすい。
X80power_015.jpg

スピーカーがステレオ仕様なのはポイント高し。
X80power_016.jpg

HDMI、USB、ピンジャック端子。


■起動

スイッチを入れるとWinかAndroidどちらを起動するか選択画面が出る。
今回はAndroidを選択。
X80power_017.jpg

初起動標準状態。
怪しげな中華アプリは入ってないようだ。
言語は日本語化済み。時計はタイムゾーンが中国になっていたので日本に修正。
Google PlayはインスコされているがChromeと日本語IMEが入ってなかったので拾ってきた。
X80power_018.jpg

ストレージの状況。Winに容量を食われてるゆえ少ない…。
本機はmicroSDが必須。
microSDはPCでFAT32フォーマットした物を挿入。普通に認識してくれた。
SDXCカードにも対応しているようでが持ってないので試せず。


■ディスプレイ
X80power_019.jpg

光量が弱めなのはマイナス。設定で輝度を最大にした方が良い。
画質は高解像で綺麗なり。7インチKindleと比べると8インチは大きく感じる。
しかし意外な落とし穴が…。
色彩が青みがかっている。カラー画面や動画ではさほど気にならないが自炊コミックを読むと画面が青い。ぶるーだ。
電子書籍の閲覧が主目的なので、これは結構痛い。本機はキレイな白色が表示できないと思ったほうがいい。
実本雑誌の紙色や電子ペーパーの表示を考慮すると瑣末なことか。そのうち慣れるかなー。


■使用感

廉価品とはいえ最新機種だけあって動作は軽快。
タッチ感度も良好。音ゲーも問題なくプレイできた。
重量も軽くて持ちやすい。


■動画再生

h265とh264 10bitのフルHD動画ファイルを再生してみた。
h265の方は標準状態で再生可。画質も良好。最近のGPUなのでハードウェアデコードに対応していると思われる。
10bit拡張のh264は再生できず。やはりマイナー規格なのね。MX PLAYERをインスコして再生。画質は問題なし。


■電池

電池の持ちは微妙。使い方にもよるけど駆動時間は3~4時間ぐらいか。
外で持ち出して使うならモバイルバッテリーを用意したほうが無難。


■Wi-Fi

木造住宅2階>1階間でドアを占めた状態でも受信はできたがKindleより有効範囲は短めだった。
環境次第では中継器が必要かも。
中華ガジェットゆえ技適マークなし。無線接続は自己責任で。


■ゲームの動作

個人的に強く関心があったのは3Dゲームへの対応度。
Kindleはゲームが少ない・泥タブは初めてなので。
まず「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」をインスコ。
X80power_020.jpg

おおっ、最高画質モードで3Dキャラがヌルヌル動くぞ。
X80power_021.jpg

凛ちゃんが歌って踊るぞ。えへへへ。
X80power_022.jpg

「アスファルトエクストリーム」
最高画質だと少し重い。画質を1ランク下げるとスムーズに動いた。
3Dゲームをプレイすると筐体がかなり熱くなる。金属フレームは放熱に貢献してるかも。


■総評

8インチ1920x1200ディスプレイ + 金属筐体 + ゲームも結構動く + 価格が1万円ちょっと。
以上の要素を総合すると荒い点もあるが本機はお買い得だと思います。
中華パワー恐るべし。




この記事へのコメント