「真田丸 第37話 「信之」」感想 九度山配流

大河ドラマ 「真田丸」第37話感想。 西軍大敗後も徹底抗戦の構えを崩さなかった昌幸だが、徳川による大阪城占領・三成捕縛の報告が届き信繁は父に降伏するよう説得。信幸の調停工作に望みを託す。 真田は信幸・秀忠ルートを通じて徳川に降伏を申し入れるが戦後処理に忙しい家康は「真田親子の処分は後回し」と投槍な態度。 上田城攻めの不始末に関して秀忠が家康に弁明する描写がちょっとだ…

続きを読む

「真田丸 第36話 「勝負」」感想 天下分け目

大河ドラマ 「真田丸」第36話感想。 西軍挙兵の知らせを聞いた家康は動揺、久しぶりに爪をカミカミ。 三成や秀家の決起は予想していたはずなので違和感のある描写だな。 徳川方についた信幸を家康・忠勝は歓迎。秀忠は大不満、疑惑の目を向ける。 大阪から帰還した信幸正室「いな」及び側室「こう」は夫が徳川方についた事を知ると昌幸に絶縁を宣言。城代として昌幸・信繁親子を追い…

続きを読む

「真田丸 第35話 「犬伏」」感想 別れの時

大河ドラマ 「真田丸」第35話感想。 大阪真田屋敷に一族が集結。昌幸は上杉につくことを宣言、女達に上田に脱出するよう命じる。 忠勝の娘・家康の養女である「いな」の去就が心配されたが「いな」は信幸の妻であり妻としての義務を果たすことを誓い、昌幸を安堵させる。 秀忠は家康に先陣を命じられる。補佐役は本多正信であった。 家康の命に不服な秀忠は妻「江(ごう)」に愚痴り「ご…

続きを読む

「真田丸 第34話 「挙兵」」感想 戦雲渦巻く

大河ドラマ 「真田丸」第33話感想。 謹慎中の三成は信繁に彼の新妻「はる」が以前にやらかしたトラブルを打ち明ける。 勘違いで三成に惚れた「はる」は三成にアッサリ振られて発狂状態に。 信繁に言った「あの女は苦労するぞ」という忠告はそういう意味だったのね。 それにしても本作に登場する女性キャラの描写は酷い。「きり」を筆頭に全然好感が持てない。喜劇要素なんだろうけど個人的感…

続きを読む

「真田丸 第33話 「動乱」」感想 一触即発

大河ドラマ 「真田丸」第33話感想。 武力による家康排除を決めた三成は秀家、秀秋に襲撃計画を打ち明ける。 実行部隊は三成の手勢のみで行い、決行は今夜。急ぎ過ぎだ。 島左近がようやく登場。いかにも武辺者っぽくてイメージぴったり。 今回は顔見世程度で三成との絡みもないけど。 おいらはテレビドラマ「関ヶ原」の三船敏郎の左近が一番好きだ。 信繁は石田屋敷で板部岡江雪斎…

続きを読む