「真田丸 第32話 「応酬」」感想 家康動く

大河ドラマ 「真田丸」第32話感想。 家康暗殺は失敗、真田兄弟は昌幸に真意を問いただす。 家康を亡き者にし動乱の世に戻すことで信玄公の領地奪回を夢見ていた昌幸はヒットマンを差し向けるが結局空振りに終わった。 昌幸は急に老けこんだな。まだまだ活躍の機会はあるのに。吉野太夫(偽)に入れ込んで以来覇気がない。しっかりせい。 暗殺実行犯の出浦は重傷だが生きているようだ。良かっ…

続きを読む

「真田丸 第31話 「終焉」」感想 秀吉死す

大河ドラマ 「真田丸」第31話感想。 秀吉の死が間近に迫り三成は豊臣を維持するための新体制について刑部と協議。 形部は三成が提唱する五大老・五奉行の合議制による運営案には同意するが、自分を奉行職から外してくれと申し出る。 病身では足を引っ張るだけと判断したらしい。 今回も大老である毛利と前田の登場はなかった。本作では出てこないのかな。 三成以外の奉行もそういえば出て…

続きを読む

「真田丸 第30話 「黄昏」」感想 夢のまた夢

大河ドラマ 「真田丸」第30話感想。 今回は慶長伏見地震で崩落した伏見城に清正が駆けつける場面からスタート。 「地震加藤」のエピソードが再現されているのは嬉しい。実際の所後世の創作らしいけど。 秀吉のキリシタン弾圧、バテレン追放令が始まった。キリシタンである「玉(ガラシャ)」と親しくしている「きり」は玉や仲間の信徒たちの身を案じる。 信長同様にキリシタンには寛容だ…

続きを読む

「真田丸 第29話 「異変」」感想 天下人の崩壊

大河ドラマ 「真田丸」第29話感想。 信繁は形部の娘「春」を正室に迎えた。後に信繁の嫡男大助(幸昌)を生む女性である。 信幸は家康の重臣本多忠勝の娘を、信繁は秀吉の腹心の娘を正室にし真田の将来は安泰と思えた時期であった。 婚儀ついでに真田兄弟は父昌幸に母の出自の件を尋ねる。 昌幸の正室「薫」は菊亭大納言の母の侍女であった。昌幸は信玄公に習い公家の姫を嫁にしようとし…

続きを読む

「真田丸 第28話 「受難」」感想 関白憤死

大河ドラマ 「真田丸」第28話感想。 関白出奔という前代未聞の事態に信繁たちは事が露見する前に穏便に収めるべく奔走。 取り敢えず形部に相談するが形部は朝鮮から帰って以来健康状態が優れず。 信繁の予想通り「きり」の元にいた秀次を信繁は京の真田屋敷に匿う。 真田兄弟の母「薫」は秀次との会話した際、今出川家の出身という経歴が詐称であることがバレてしまう。 この件を徳川家に…

続きを読む